2010年08月12日(木)

NEX-3と「露光間ピントずらし」で花火を抽象アート風に撮ってみた。


FDマウントアダプタ専用機と化したNEX-3で花火を撮ってきました。






















長時間露出している最中にピントを外していったり、逆に合わせていったりするとまるで抽象絵画のような写真が撮れます。

三脚でしっかり固定すれば花を開いたような幻想的なのが撮れるようなのですが、三脚は場所を選ばないと危険なのと、手持ちなら手持ちなりにブラブラした面白い絵になるので今回は三脚なしで撮りました。


撮影データはISO200、4秒。絞りはF8からF11で試行錯誤。レンズはNew FD 50mm F1.4をチョイス。
NEX-3はリモコン使えないのでバルブ撮影できないのかと思ったら、Mモードにすればできることに帰ってから気がつきました。


今回は30分くらいしか時間がとれませんでしたので、次は露光間ズームや多重露光なんかも試してみたいです。

Permalink | デジタル | , , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る