2012年11月23日(金)

【モゲマス】 フェイフェイが華麗に舞うラスベガスに行ってきたヨー!


「どもープロデューサーさん!ふぇいふぇいダヨー!」

アイドルマスターシンデレラガールズの期間限定イベント「アイドルLiveツアー in USA」でSレア[繚乱の舞姫]楊菲菲が百花繚乱に舞うラスベガスにやってきたヨー!みんなはもうニューヨークからラスベガスに到達して必死に走ってふぇいふぇいやニューウェーブユニットをパンチしまくってるカナ?




アメリカ合衆国のネバダ州にあるラスベガス。その中心地であるストリップ地区のカジノにやってきたヨー!

ストリップと言っても「脱がせる」ことじゃなくて、細長い布や帯という意味もあって「大通り」のことをさすんダヨー!ふぇいふぇいは日本語より英語の方が得意だから任せてネー!ラスベガスは巨大なカジノが街の中にあってみんながそこに通ってくるのかと思ってたけど、実際はそれぞれのホテルの中にカジノがあって宿泊客でなくても自由に入って遊べて、ラスベガスという都市そのものがまるで1つの超巨大なテーマパークみたいになってるんダヨー!





[繚乱の舞姫]楊菲菲がキレイな噴水の前で踊っている場所は、ベラージオ(ベラッジオ/Bellagio)ダヨー!

ラスベガスでは無料のショーがいろんなところでやってて、ベラージオの噴水ショーは特に有名で音と光と水の芸術は幻想的ダネー!こんなところで踊らせてもらえるなんて嬉しいデスネー!





ラスベガスは平日だと日本の格安ホテルくらいの値段で豪華なホテルに泊まれるけど、北イタリアのコモ湖畔のコムーネがモチーフになってるこのベラージオはラスベガスの中でも高級なホテルで高くて泊まれなかったヨー!でも食べ放題のバフェ(Buffet)が有名なところでもあって松阪牛のローストビーフやカニがとってもおいしかったネ!

ステージの真ん中に巨大なプールを置いて華麗な水上ショーを繰り広げるシルク・ドゥ・ソレイユの「O(オー)」の迫力はスゴかったので、ふぇいふぇいも負けられないカラ、もっとレッスン頑張るヨ!




アメリカ西海岸で最も高い350mのストラトスフィアタワーに来たヨー!




屋外にも展望台があって360度ラスベガスの街を見渡せるヨー!すごい迫力だけどちょっと怖いデース!




パパ以外のヒトとこんなオシャレな店に来るのはワタシ初めてデスヨ。




ストラトスフィアタワーの写真から調べると、「A」のスカイラスベガス、「B」のサーカスサーカス、「C」の青とピンクのライトアップがされているスターダストホテルは2007年に爆破解体されて今はショッピングセンターやコンベンションホールなどがあるエシュロン・プレイスになってるヨー!絵と同じ構図から撮ろうとすると空撮しないと無理そうなので、ふぇいふぇいと一緒に食事をするお店は実際にはなさそうダヨー!




でもプロデューサーさんと一緒にキレイな夜景が見られて、緊張したけどオトナっぽい格好してきてよかったネ…。





ラスベガスにはニューヨークもあるデスヨー!




[ハートビートUSA]水木聖來さんは、ニューヨークで自由の女神とマンハッタンの摩天楼を臨んいでいるけど、実際のニューヨークは背景に描かれている自由の女神とエンパイアステートビルかクライスラービルと思われるビルは一緒に見ることができないヨー!

でもラスベガスのニューヨーク・ニューヨークなら一緒に見られるネー!





ラスベガスには他にもイタリアをイメージしたヴェネチアンや、エッフェル塔のあるパリスなどもあって世界旅行気分で楽しいデスネー!




でも、ふぇいふぇい出身の香港をモチーフにしたホテルはなくて、日本と中国をごっちゃにしたようなよくわからないコンセプトのインペリアルパレスホテルしかないヨー!しかもボロボロで改装中だったヨー!








ラスベガスは他にも、ストラトスフィアタワーでバンジージャンプしたり高さ世界一のフリーフォールしたり、ホテル間を繋ぐ無料のモノレールを制覇したり、ピンボール博物館のピンボールホールオブフェームはレトロゲームもいっぱいで、カジノに興味がなかったりお金がなくても結構イロイロ楽しめるのでオススメダヨー!

でも「ダヨー!」とか「デース!」とか言っとけばとりあえずフェイフェイっぽくなるだろう、というのもだんだんきつくなってきたのでそろそろ終わりダヨー!みんなもぜひラスベガスに行ってみてネー!

取材: 2012年6月

告知


コミックマーケット83

12月31日 月曜日(3日目)
東地区"レ"ブロック-03a「さざなみ壊変」
twitcmap

冬コミの新刊はアイドルマスターシンデレラガールズ舞台探訪特集ダヨー!みんな来てネー!

舞台探訪に関するお願い
舞台探訪はマナーを守り節度を持った行動を心がけてください。観光地はもちろん民家の多いところや公共施設では特に他人の迷惑になったり不審に思われる行動はとらないようご注意をお願いします。

ロケ地によっては観光地化されていないところも多く、そこに人が住んでいてそれぞれの生活がある場所を、宗教的なものを彷彿させる「聖地」や「巡礼」と呼んで騒ぎ立てるのは誠に忍びないという思いから、弊サイトでは聖地巡礼という呼び方をせず、舞台探訪、ロケ地巡り、背景訪問、逆ロケハンなどを推奨しています。
Permalink | 舞台探訪 | , , , , , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る