2014年01月02日(木)

【艦これ】愛知県岡崎市東公園にはなぜか長門の副錨が置かれている


愛知県岡崎市東公園にある戦艦・長門の副錨を見てきた。



長門の副錨は岡崎市制施行60週年と岡崎市海友会設立65周年記念で海友会からの寄付によって置かれたもの。戦後、ビキニ環礁での原爆実験に使われた長門唯一の遺品というようなことが書かれていたが、改装時に撤去されたものではないかと言ってる人もいるようなので本当のところはよくわからない。



隣には日清戦争黄海海戦の主力だった三景艦・松島、橋立、厳島の主砲砲弾が。


そもそも長門を建造した呉や所属した横須賀ではなく貴重な副錨がなぜ岡崎に置かれているのか調べてみると、岡崎にも海軍航空隊があったからだそうで。岡崎基地はミッドウェー海戦以降に航空戦力を補うために建てられ、特攻の訓練や出撃もあったとか。そういう経緯があり、戦後に恒久平和を願うために海友会によって設置されたと思われる。

岡崎基地と海軍航空隊



岡崎市東公園を訪れた正月には海軍の象徴である桜が風に揺れていた。



そして馬年なのでポニーを見てきた!



男の娘だったらよかったのに男の子橋。



第二東名が開通合わせで元々二車線で慢性的に渋滞していた高速道路を無理やり三車線に増やしたためクソ狭くなった道が橋の上から見られる。

長門の副錨だけ見るとあっと言う間に終わってしまうが、動物園もあり意外と見どころが多い。



長門の副錨は公園の真ん中あたりの広場に置かれている。

岡崎市東公園は、名鉄・東岡崎駅から名鉄バスで市民病院行きや美合行きなどで東公園口下車。車で行ったら北駐車場は公園から結構離れていたので南駐車場に停めた方がよい。

Permalink | おさんぽ | , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る