2014年10月04日(土)

意外と快適?始発便のため深夜の羽田空港国際線ターミナルで野宿する


新しい日本・東京の玄関口として拡張が続く羽田空港国際線ターミナル。

LCC早朝便で成田空港に野宿するのがオススメできない理由
以前、早朝のLCCに乗るために成田空港ビバークを試してみたらあまり快適とは言えず、成田駅近くのネットカフェがよさそうという結論に至ったが、今後は羽田空港の国際線ターミナルに泊まってみた。


東京モノレールの新車で深夜の羽田空港国際線ターミナル駅に到着。



ANA特典航空券でサハリンに行く過程で、6:10発の仁川国際空港行きアシアナ航空に乗る必要があり、深夜のうちに出国してANAラウンジで夕食と朝食を2回いただこうというセコい手をやろうとしたら、

ANAカウンタではチェックインできないことが判明!

アシアナ航空のOZ177便はANANH6895便としてコードシェアしてるのにチェックインできねえのかよ!アシアナ航空のサイトでWEBチェックインできるのかよくわからずとりあえず空港行けばなんとかなるだろうと思ったら、全然アカンかった。深夜便がないアシアナ航空は当然クローズド。

国外脱出失敗!




まあ、外で寝るか中で寝るかの違いしかないのでとりあえず3階の出発ロビーから4階の江戸小路の方へ。

2014年9月30日にトランジットホテルのロイヤルパークホテル・ザ・羽田がオープンしたが6時間11000円からと高めで、ファーストキャビンは国内線の第1ターミナルだし宿泊5000円でショートステイ1時間800円。

ソウル仁川国際空港のSpa ON AIRみたいに2000円くらいで泊まれるところはできないものか。強いて言えば大江戸温泉物語入館料+羽田空港国際線ターミナルバス2800円が似たような系統か。







江戸小路は初めて入ったけどこんな感じになってたのか。

ほとんどの店は閉まっており、茶屋っぽい感じの赤い布が敷いてある椅子が多数あるが、硬いのでこの椅子で寝るのはかなりしんどいだろう。




25時までや24時間営業のレストランがいくつかあるが、さすが空港の物価で結構お高い。




悩んだ末にラーメン屋のチャーシュー丼400円で軽めにすませた。

店員さんは日本人っぽくなく国際色豊かな感じ。



ちなみにタッチパネル式の施設案内に開いてるお店が表示されるので便利そうだった。

訪問時にはまだオープンしてなかったが、24時間営業の吉野家とモスカフェができて選択肢が増えてたので食事に困ることはないだろう。






5階のTIAT Sky Road。

新しくできたばかりの航空シミュレータや模型展示のあるエリアで、シミュレータで時間潰そうと思ったら閉鎖されてた。



なぜかエアアジアXが先頭。

いろいろと対応が遅れてる羽田空港国際線ターミナルの国際ハブ化を牽引してやってください。



展望デッキにも椅子はあるが硬いし曲線なのでここで寝るのもきつそう。



同じく5階のTOKYO POP TOWN。



ここはほとんど人が来ないエリアなので柔らかい椅子3つで横になれば快適に過ごせそう。






ショッピングモール風のエリアも柔らかい椅子があるけどこちらも曲線のタイプ。



2階の到着ロビーへ。

ここはあまり人がおらず椅子も余ってたがエスカレータの音声案内がちょっとうるさい。



少し奥に入ったところ。

床面積が広くて掃除の機械が長い時間走ってたが、結局今夜はここの椅子で寝ることにした。減光されないのでアイマスクや耳栓を持ってきた方がよい。



セブン銀行のATMや有料のシャワールーム、カフェなどがある。

椅子がまとまって配置されているからか、ここが一番寝てる人が多かった。シャワーは30分1030円でカフェでのドリンク券付き。



ここのカフェは24時間かと思いきや、2時から3時までは一時閉店。



1階エントランスプラザ。





24時間営業のローソンがあり、比較的静かなので人気スポットなのか椅子に空きはなかった。

ちなみに3階の出発ロビーには電源があり、ほとんど韓国人が占領してたが空きは常時ある感じだった。韓国人からトイレ行ってくるので見張っててくれ、みたいなこと言われて、充電してる端末を俺が持ち逃げでもしたらどうするんだ、と思ったが、治安のいい日本ならではの光景と言える?

無料の無線LANもあるがうまく繋がらなかったのでPCでサイト更新した際は自前の回線でテザリングして済ませてしまった。





WEBチェックインして夜のうちに出国できる場合は出国エリアの方が空いてそうなので安全も考慮するとこちらの方が快適に過ごせるだろう。

電源あり充電スタンドも各種携帯電話の端子が揃っている。




24時間営業のフードコート。

バスゲートのある1階に24時間営業のコンビニTRAVEL CONVENIENCEもある。
※2015年10月23日現在、タッチパネル式の案内には1階バスラウンジのコンビニは「24時間営業」と表示されるが、実際に行ってみたら夜間と早朝は閉鎖されていたので注意。飲み物は自動販売機やカフェの売店などで入手できる。※2016年2月追記: 運航便がない時間帯は閉店している旨を空港にクレームしたところ「運航便にあわせて営業」と修正された。



ソファもあるけど寝るのは難しいか。

長いこと仮設だったカードラウンジはリニューアル工事が終わってSKY LOUNGETIAT LOUNGEが24時間営業らしいので入れる人はそちらで過ごすのもあり。





新しく拡張された搭乗ゲートにも椅子がたくさん。

鉄道やバスの始発で間に合わない可能性があるのは、6時7時台に出発する、アシアナ航空ソウル(仁川)便、香港エクスプレスの香港便、大韓航空のソウル(仁川)便、チャイナエアラインの台北(松山)便、エールフランスのパリ便だろうか。始発はアシアナだがチェックイン開始のアナウンスは4時頃まず香港エクスプレスから始まり、次にアシアナの順で放送されていた。始発の国内線に間に合わない場合も国際線ターミナルで寝て朝5時から動く無料連絡バスで国内線ターミナルに移動するのも手か。

こんな感じで羽田空港国際線ターミナルに泊まる場合、は5階かコンビニのある1階が比較的静かでオススメだが、当然早めに確保しないと埋まってしまう ので注意。寝られるエリアがかなり制限されてしまう成田空港と比べると、まだ新しくて広々としている羽田は圧倒的に快適に過ごせ、世界の中でも最も安全な空港の1つだと思う。

羽田空港ピーチ早朝便のため天然温泉平和島の深夜パックで泊まったけど正直オススメできない
次は天然温泉平和島に泊まってみた。

追記: ピーチ、タイガーエア台湾、V-AirなどLCCの深夜早朝便が増えて混雑するようになったため、以前より場所取りが難しくなっている。特にグループでまとまった場所がほしい時は早めに来るようにするなど注意。

Permalink | おさんぽ | , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る