2015年04月15日(水)

細田守「バケモノの子」 世界中をモチーフにした渋天街の描写に期待


「バケモノの子」予告 – YouTube

細田守監督の新作アニメ映画「バケモノの子」の新しいPVが公開。



イタリア・ローマのコロッセオみたいな闘技場が出ている。



丘の上まで家々がひしめいて続いていく風景はメキシコのグアナフアトや釜山の甘川文化村あたりがモチーフ?



バケモノのたちの棲む世界となる渋天街は中国?

「三千界」と書かれているのでバケモノ界は世界中をモチーフとした異世界となっているのだろう。もう1つ「甘栗」と書かれているが天津に天津甘栗はないのでやはり中国や日本などをごちゃごちゃにした世界という意味合いだろうか?



渋谷のスクランブル交差点。

主人公の九太(きゅうた)は、バケモノの熊徹と師弟関係を結び、現実世界の渋谷とバケモノ界の渋天街を行き来する中で、家族や子供の成長を描き、「自分は何者であるか」問いかけるような作品になるっぽいが、渋天街の描写にはちょっと注視してみたい。

上田で領民総出の合戦開始! サマーウォーズ舞台探訪
細田守監督作品タグ

舞台探訪に関するお願い
舞台探訪はマナーを守り節度を持った行動を心がけてください。観光地はもちろん民家の多いところや公共施設では特に他人の迷惑になったり不審に思われる行動はとらないようご注意をお願いします。

ロケ地によっては観光地化されていないところも多く、そこに人が住んでいてそれぞれの生活がある場所を、宗教的なものを彷彿させる「聖地」や「巡礼」と呼んで騒ぎ立てるのは誠に忍びないという思いから、弊サイトでは聖地巡礼という呼び方をせず、舞台探訪、ロケ地巡り、背景訪問、逆ロケハンなどを推奨しています。
Permalink | 舞台探訪 | , , , , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る