2015年10月03日(土)

高度1万メートルで聴く「ビッグブリッヂの死闘」が熱すぎる!


ANAの国際線機内プログラム「ANA SKY CHANNEL」の楽曲に「スクウェア・エニックス ミュージック!」が入り、FF5の名曲「ビッグブリッヂの死闘」などが上空で聴けてめっちゃ熱かった。


「ANA SKY CHANNEL」のカタログに「スクウェア・エニックス ミュージック!」。

ANA国際線の機内でダライアスやレイストームの曲が聴けるぞ!
「ANA SKY CHANNEL」ではこれまで「Game Music Selection」という音楽プログラムがあり、ゼビウス、ペルソナシリーズ、無双シリーズ、ZUNTATAなど、ゲーム好きにはたまらないラインナップになっていたが、今年の6月に利用した際は知らないうちに終了していた。

もうやめちゃったのかと思っていたら、今回の「スクウェア・エニックス ミュージック!」でゲームミュージックチャンネルが復活したことになる。



オープニング・テーマ
反乱軍のテーマ
悠久の風
チョコボ
ファイナルファンタジーV メインテーマ
仲間を求めて
オープニング ~爆破ミッション
Liberi Fatali
Melodies Of Life
ザナルカンドにて
Ronfaure
オープニングムービー
FINAL FANTASY XIII
天より降りし力
8月の曲目で、上から下までFF1からFF14が各1曲ずつ入っている。

特にFFVIの崩壊後のフィールド曲「仲間を求めて」は航空機の中で聴くと、ダリルの墓から絶妙なタイミングで曲が挿入されてファルコンで飛び立つシーンの記憶が強烈に蘇ってくるな!



戦闘シーン
戦闘シーン1
バトル1 ~ファンファーレ
ゴルベーザ四天王とのバトル
ビッグブリッヂの死闘
決戦
戦う者達
The Man with the Machine Gun
バトル1
シーモアバトル
Fighters of the Crystal
剣の一閃
閃光
究極幻想
9月はバトル曲でこれはたまらんな!FFVIの「決戦」は通常のボス曲で、機内で聴くとうっかりデスゲイズとエンカウントしないか心配になる。

FFVはやっぱり「ビッグブリッヂの死闘」で高度1万メートルの上空で聴ける日が来るとは思いもせず。インドで噂通りのひどい有様に消耗し、やっと帰れるというタイミングで聴いたら妙に感傷的になってたのか、昔の記憶が蘇ってきて目から汁が溢れだしてしまって、隣のアメリカ人がビビッてた。


ただ、ANAの機内プログラムに限った話ではなく、新旧の作品の名曲を集めたサントラなどは、ファミコンやスーパーファミコンの頃はまだ曲の1ループが短いので2ループくらいで次の曲に行ってしまうとあっと言う間に前半が終わってしまい、PS以降の曲が大半の時間を占めることになってしまうので、ループ数を調整して各曲の時間が均一になるようにしてほしいといつも思う。

機内プログラムなら飛空艇関連の曲を集めた特集があっても面白そう。


楽曲リスト | THEATRHYTHM FINAL FANTASY CURTAIN CALL | SQUARE ENIX
あと、最近はシアトリズムのサイトで主要曲が視聴できるみたいでいい時代になったなあ。



8月の台北→成田と9月の香港→成田はたまたま両方ともボーイング767のビジネスクラス利用。

台北発は満席によるアップグレードで、香港発は特典航空券での搭乗。実質タダでビジネスクラスに乗れて機内で「仲間を求めて」や「ビッグブリッヂの死闘」が聴けるANA最高じゃないか!

10月の「スクウェア・エニックス ミュージック!」はオーケストラコンサート作品のようで。一部機材ではマンガも読めるようになったが3巻までなど制限があり、まだまだ機内で楽しめるアニメやマンガには限りがあるため、今後も貴重なゲーム楽曲を機内プログラムに採用してほしい。

Permalink | ゲーム | ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る