"マンガ" タグ

2011年04月29日(金)

咲-Saki-舞台探訪 鹿児島・霧島神宮から永水女子と日本のルーツを探る

咲-Saki-の全国大会で咲たち清澄高校のライバルとして立ちふさがる鹿児島県代表・永水女子の舞台探訪へ!

永水女子の5人中全員が巫女服で分家がどうとか言うセリフもあるため鹿児島県内の由緒正しい有名な神社の巫女ではないか、なおかつ霧島市に「永水」という地名があることから、永水女子の舞台は霧島神宮周辺に違いないと睨んでいたところ、全国大会編が進むにつれて徐々にその全貌が明らかになってきました。

続きを表示する 『咲-Saki-舞台探訪 鹿児島・霧島神宮から永水女子と日本のルーツを探る』

2010年11月23日(火)

咲-Saki- 原村和の実家モデルに「のどっちの部屋」が登場!


「咲-Saki-」の清澄高校麻雀部1年・原村和の自宅に行ってきました。

原村和の自宅だけにモデルは長野県諏訪郡原村原村観光案内所。11月20日に原村ペンションビレッジ内にあるこの原村観光案内所で冬期限定イルミネーションの点灯式が開催。当日は知人の手伝いで行ったMake: Tokyo Meeting 06の初日を早々に切り上げてスーパーあずささんタイムで玄関口の茅野駅へ向かったのでした。標高1300メートル、車で30分くらいのところに原村観光案内所はありました。

続きを表示する 『咲-Saki- 原村和の実家モデルに「のどっちの部屋」が登場!』

2010年11月08日(月)

先輩!!鶴賀学園の長野で咲-Saki-オンリー「さきすぺ3」が開催されたっすよ!


11月7日に長野県長野市もんざんぷら座B1ホールで開催された「さきすぺ3 in 長野」に行ってきました。

長野市はかじゅやモモの通う鶴賀学園周辺のロケ地となっております。まさかスーパーマーケットの下の階での即売会に参加することになるとは思いもしませんでしたが、長野だけに鶴賀学園の皆さんを描いた本が多く、デパ地下感覚で「長野の特産物」をいろいろと入手してきました。

続きを表示する 『先輩!!鶴賀学園の長野で咲-Saki-オンリー「さきすぺ3」が開催されたっすよ!』

2010年04月24日(土)

モモの匂いがする公園に行ってきたぞ――ッ!! 「咲-Saki-」第7巻舞台探訪


モモの匂いがするぞ――ッ!!





全「咲-Saki-」ファン待望の第7巻が発売し、長きに渡って繰り広げられた大将戦の終了を記念しまして舞台探訪に長野県へ行ってきました。

続きを表示する 『モモの匂いがする公園に行ってきたぞ――ッ!! 「咲-Saki-」第7巻舞台探訪』

2010年04月12日(月)

コンシューム大陸のシェアをめぐるハードな戦争 クリムゾン先生の「蒼い世界の中心で」が単行本化決定!


クリムゾン先生の全年齢WEBコミック「蒼い世界の中心で」が商業単行本化決定!

「蒼い世界の中心で」は、強大なニンテルド帝国に立ち向う小国セグアで、ツンツン立つ蒼い髪が特徴の音速少年ギアを中心に、コンシューム大陸の覇権(シェア)をめぐるハードな戦争が繰り広げられる群像劇。もちろん、ニンテルドとセグアに似た名前の会社が2、30年くらい前の日本で熾烈な販売競争を起こしたこととはいっさい関係ありませんよ!

「蒼い世界の中心で」の商業単行本化に伴い、全ページ加筆修正やストーリーの一部変更を行い、キャラ紹介や解説ページなどを加えた「完全版」としてまずは1巻、2巻が5月28日に同時リリース。1巻、2巻にWindows用カードゲーム「バトルライン」のCD-ROMと設定資料集を特殊ケースに入れた「蒼い世界の中心で 完全版 プラチナコレクションBOX」も発売。

クリムゾン先生と言えば、エロ同人を読んだことがある人なら誰もが必ず一度は通る道であり、ナノマシンを埋め込まれて地下闘技場で公開レイプされてしまうなどハードな陵辱モノの印象が強いので、全年齢のマンガを描いてることを恥ずかしながらほとんど忘れてしまっていました。どこかで見たことあるような名前が多数登場する「蒼い世界の中心で」をゲームサイドのマイクロマガジン社が単行本化するというのは最高のネタじゃないでしょうか。

蒼い世界の中心で 完全版 単行本化特設サイト
蒼い世界の中心で 完全版(Amazon)
(C)Crimson (C)MICRO MAGAZINE
2010年04月10日(土)

「咲-Saki-」の舞台探訪はホンマ宝探しだわ。 原作「咲-Saki-」第59局 in 馬籠宿

「咲-Saki-」の4校合同合宿所へ温泉入りにいこうぜ!ということで中津川へ行ってきました。

桜前線まっただ中の名古屋方面から中津川ICで中央自動車道を降り、旧中山道へと入ります。途中、先ほどまで走っていた中央自動車道と交差するところに架かっている落合大橋が「咲-Saki-」第5巻の目次の場所となっています。

続きを表示する 『「咲-Saki-」の舞台探訪はホンマ宝探しだわ。 原作「咲-Saki-」第59局 in 馬籠宿』

2010年03月10日(水)

「デジタルフォト」休刊で「瞳のフォトグラフ」はどうなる?

プレスリリース(pdf)より

デジタルカメラの専門誌「デジタルフォト」が2010年4月発売号をもって休刊してしまうそうです。

「デジタルフォト」はFlexComixブラッドで連載中の「瞳のフォトグラフ」のカメラや写真に関する技術監修や取材協力を行っている雑誌でもあります。




東桜写真部2年 久家イヅミさんもご愛読!



「瞳のフォトグラフ」にはキヤノン、ニコン、富士フイルム、リコーなどのカメラメーカーの実在するモデルが多数登場します。


主人公のハルカは幅広い層から支持のあるキヤノンの入門機「EOS Kiss X2」、ハルカと同級生ながら深い過去を抱え写真について真剣に取り組んでいるイヅミは、キヤノンのライバルであるニコンのハイエンドモデル「D300」を使っているなどキャラクタの性格付けをしていく上で使っているカメラは特に重要な役割をしているそうです。

“女子高生×デジカメ” マンガ「瞳のフォトグラフ」誕生秘話



ハルカが第1巻の冒頭で使ってたコンデジは富士フイルムの「FinePix F10」です。FinePixのFシリーズは非常に高感度に強くカメラをよく知っている人からはとても評価が高いシリーズなのですが、女子高生が何の知識もなしに買うというのはちょっと考えにくいんですよね。この辺はあくまで想像になりますけど、「FinePix F10」を使って一番最初に写真を撮るようになったきっかけが、まだ作中では語られていないハルカの過去と関連してるんじゃないかと思います。この例は果たしてどうなるかわかりませんが、キャラクタが使っているカメラは「瞳のフォトグラフ」という作品を読み解いていくのに非常に大きなファクターになってくるのは間違いないと思います。



元々写真を撮ることは大好きだったものの携帯電話やコンデジで撮るくらいだったGUNPが、自腹でカメラのボディやレンズを揃えていき、日々の撮影や取材に持ち出してステップアップしていく様が、主人公のハルカが写真を撮ることの楽しさに目覚め、カメラを通して見た世界で少しずつ成長していく姿と重なり一体になっているのもこの作品の1つのウリじゃないでしょうか。




瞳のフォトグラフと言えば一宮のツインアーチ138など愛知県を中心とする風景が登場し作品にリアリティを与えていました。



カメラを実名で登場させたり取材や作中の描写に関する技術的なサポートはデジタルフォト編集部の協力があってこそだったと思うので休刊後どうなるのかが心配です。瞳のフォトグラフとデジタルフォトの発売元は同じソフトバンククリエイティブだったので他で提携先を探すとしたら大変なんじゃないかと思うのでひとまず今後の動向を見守りたいと思います。
2009年11月03日(火)

菊池直恵、松山せいじ先生らが書き込んだ坪尻駅のノートが何者かに持ち去られる

お願い 先月下旬、旅人達が旅の記念に絵や文字で旅日記を綴って、旅人の気持ちがいっぱい詰まった「坪尻駅ノート」九冊全てが無くなりました。このような出来事は今回が初めてのことですが、非常に残念でなりません。 どうかスタンプ同様、ノートも大切にお使いいただきます様お願いいたします。 平成21年4月6日 阿波池田管理駅長



瀬戸の花嫁探訪の後に徳島県の坪尻駅に行ったら、駅備え付けの寄せ書きノートが何者かによって持ち去られる事件があったそうです。

坪尻駅は周りにほとんど民家がなく何もない駅「秘境駅」として知られ、「鉄子の旅」の菊池直恵先生や「鉄娘な3姉妹」の松山せいじ先生が訪れてノートの書き込みも見られました。

菊池直恵先生の書き込み参考
松山せいじの鉄道趣味のブログ 坪尻


続きを表示する 『菊池直恵、松山せいじ先生らが書き込んだ坪尻駅のノートが何者かに持ち去られる』

2009年08月30日(日)

遷宮によって様変わりする伊勢神宮 「朝霧の巫女」舞台探訪


「朝霧の巫女」第4巻で日瑠子陛下が行幸する伊勢神宮に行ってきました。

続きを表示する 『遷宮によって様変わりする伊勢神宮 「朝霧の巫女」舞台探訪』

2009年08月21日(金)

華菜ちゃん仮性包茎。どうしてこうなったし!どうしてこうなったし!