"海外" タグ

2016年09月24日(土)

NEW GAME!第11話OP フェアリーズストーリー3の元ネタを解説するぞい!



青屋根に白亜の城のモチーフはドイツのノイシュヴァンシュタイン城

TVアニメ NEW GAME!第11話「リーク画像が昨日、ネットに出てましたよ!」のOP兼、青葉たちが制作したフェアリーズストーリー3のOPにノイシュヴァンシュタイン城が出てたので思わず起き上がって反応してしまった。

続きを表示する 『NEW GAME!第11話OP フェアリーズストーリー3の元ネタを解説するぞい!』
2016年08月10日(水)

中国のコミケでお金を騙し取られそうになった。巧妙な詐欺師たちの手口はこうだ!


今年も夏のコミックマーケットのシーズンがやってきた。毎回サークルに対して詐欺に注意するよう注意喚起がなされるところ「本当に詐欺なんてあるの?」とこれまで半信半疑に思っていたが、中国のコミケ「上海ComiCUP」で実際に遭遇したのでその時の様子を紹介。

続きを表示する 『中国のコミケでお金を騙し取られそうになった。巧妙な詐欺師たちの手口はこうだ!』
2016年08月06日(土)

[C90]アイオワ級全4隻&生まれの海軍工廠を巡って北米横断!「戦艦アイオワ」


夏コミ新刊「戦艦アイオワ」

2016年、艦これに突如として配信され、艦これ実装艦の中で水上にほぼ完全な形で保存される唯一の艦艇である米海軍の戦艦アイオワを徹底紹介!
新刊「戦艦アイオワ」
オフセットB5サイズ
オールフルカラー32ページ
イラスト: NABLACK

主な艦艇
・戦艦アイオワ (BB-61) ロサンゼルス近郊
・戦艦ニュージャージー (BB-62) ニュージャージー州カムデン
・戦艦ミズーリ (BB-63) 真珠湾
・戦艦ウィスコンシン (BB-64) ノーフォーク

・戦艦マサチューセッツ (BB-59)
・空母ジョンFケネディ (CV-67)、ジョージ・ワシントン (CVN-73)他

主な兵器
・50口径16インチ三連装砲Mk.7 (+ 45口径Mk.6)
・38口径5インチ連装砲Mk.28 Mod.8
・ボフォース40mm四連装機関砲
・エリコン20mm機関砲
・ヴォート OS2U キングフィッシャー
・トマホークやハープーンなど戦後追加兵装
・各種レーダー、アンテナ

海軍基地・海軍工廠
・ブルックリン海軍工廠(ニューヨーク海軍工廠)
・フィラデルフィア海軍工廠
・ワシントン海軍工廠
・ノーフォーク海軍基地

アイオワ級戦艦全4隻巡り


アイオワ級戦艦1番艦アイオワ、2番艦ニュージャージー、3番艦ミズーリ、4番艦ウィスコンシンの4隻全てを巡り、真珠湾、西海岸、東海岸と北米横断!


乳ジャージーのおっぱいの中に入る


艦これにも装備として実装される16インチ三連装砲、5インチ連装砲 Mk.28 mod.2、ボフォース40mm四連装機関砲、水上偵察機OS2Uから、砲射撃指揮装置、レーダー、戦後配備された兵器まで豊富な写真で徹底紹介。

特にアイオワ級2番艦である乳ジャージーは、おっぱい(第二砲塔)の下層にある揚弾室や揚薬室にも入れて胸熱!


アイオワの生まれた地へ!


アイオワとミズーリの生まれたブルックリン海軍工廠(ニューヨーク海軍工廠)とニュージャージーとウィスコンシンの生まれたフィラデルフィア海軍工廠を訪問し、建造を行った船台と艤装を行ったハンマーヘッドクレーンの昔と今を辿る。

建造中止になった6番艦ケンタッキーのノーフォーク海軍工廠を上空から眺め、世界最大の海軍基地であるノーフォーク海軍基地にも潜入!


大和vsアイオワ!?


更に、大和vsアイオワというこじつけで、ワシントン海軍工廠に世界で唯一残された大和型戦艦の46cm三連装砲の砲塔パーツを紹介!

艦これのアイオワのデザインの元ネタや、高速戦艦としてライバルとなる金剛型とアイオワの因縁なども解説。


米海軍最強最後の戦艦から見る


今回は艦これ実装艦で唯一保存されている戦艦アイオワとその妹たちの今を紹介することになりました。

現存艦が実装された衝撃 ロサンゼルスの戦艦アイオワと艦これの今後
ミズーリとアイオワは艦これ実装前に訪問していたので、最初はそれだけで書くつもりでしたが、途中から何かが違うと思い、入稿2週間前に急遽、フィラデルフィア、ノーフォーク、フォールリバー、ニューヨークの取材をぶち込んで原稿が落ちる寸前でしたがなんとか間に合いました。

日本海軍の艦艇とはどのようなものだったのか。その面影が残り、日本からタイに輸出した海防艦トンブリや練習艦メークロン、ソロモン諸島で朽ちる駆逐艦菊月などをこれまで紹介してきました。米海軍で50年という長い艦歴の中でどのくらいが第二次世界大戦時のまま残っているのかわからない部分もありますが、アイオワ級戦艦だけでなく、日本海軍も含めて「戦艦ってこういうもの」というイメージを持って思いを馳せていただくきっかけになれば幸いです。


スペース

コミックマーケット90
サークル「さざなみ壊変」
8月14日(日) 3日目 東U-46a
Comike Web Catalog


委託予定

とらのあな(店舗在庫検索)
メロンブックス
COMIC ZIN
2016年07月31日(日)

ビジネスクラスじゃないと入れないシンガポール空港シルバークリスラウンジ


チャンギ空港のシンガポール航空シルバークリスラウンジに潜入。

続きを表示する 『ビジネスクラスじゃないと入れないシンガポール空港シルバークリスラウンジ』
2016年07月17日(日)

アンコールワット遺跡群から見る「てーきゅう」の世界観がすごすぎる



アニメ「てーきゅう」第49、50話にアンコールワットを有するカンボジアのシェムリアップが登場。

[C89]真美と行くビジネスクラス周遊旅 ミリオンライブ!舞台探訪「ろけます!アジアンライブツアーの旅」
こんなこともあろうかと、2015年冬コミ新刊の取材でシェムリアップを訪問していたのであった。ツアーのビジュアルによく使われるアンコールワットの前にある池は、学校の25メートルプール並の大きさの水たまりみたいな感じで実際に見るとショボい。

続きを表示する 『アンコールワット遺跡群から見る「てーきゅう」の世界観がすごすぎる』
2016年07月02日(土)

中国の新幹線すごすぎてふいた!グランクラスなど足元にも及ばない【CRH380A】

2016年06月24日(金)

【甲鉄城のカバネリ】金剛郭はイギリスのロンドンであることが判明



「甲鉄城のカバネリ」の金剛郭がイギリスのロンドンだった。


続きを表示する 『【甲鉄城のカバネリ】金剛郭はイギリスのロンドンであることが判明』
2016年06月22日(水)

咲-Saki-阿知賀編に万里の長城が登場した理由


アニメ「咲-Saki-阿知賀編」の舞台探訪で麻雀発祥の地・中国へ行ってきた。


続きを表示する 『咲-Saki-阿知賀編に万里の長城が登場した理由』
2016年06月18日(土)

【中国・重慶】マンションに突っ込む日立製モノレールがカオスすぎる


政府が成長戦略の大きな柱に掲げるインフラ輸出。そのはるか前、中国の重慶に輸出された日本のモノレールがマンションに突っ込むという驚きの進化を遂げた現場を見てきた。



人口3000万人、都市圏人口700万人。中国で5番目に大きい重慶にやってきた。



重慶で地下鉄とモノレールを運行する重慶軌道交通

建設費の半分は円借款というモノレールの2号線は日立製のモノレールが入っている。





多摩都市モノレールと同じ日本跨座式というタイプで、東京モノレールみたいに床に出っ張りがなく普通の鉄道車両と変わらない広い空間がウリ。



交通ICカードで割引も受けられる。



重慶モノレール2号線で李子坝駅へ。




駅の上には結講巨大なマンションが。




おっ、おっ、おっ!

本当にモノレールがマンションに出たり入ったりしてる。




下から見上げると迫力あるな。


川沿いへ降りてみようと思ったのだが道が見つからず、地元の人に案内された道へ。


薄暗くて怖すぎるんですが。



無事に外に出られた。



正規の入口はここだったのか。





マンションが無理やり増築した感満載でカオスすぎる。

悪の巣窟?現代の九龍城?香港でカオスな安宿集合体・重慶大厦に潜入してみた!
重慶だけにチョンキンマンションを彷彿させるな。






これは見ていて飽きないなー。

マンションの左下にある謎の壁画も、ごった煮感を引き立ててる。



先ほどの重慶北駅や重慶江北国際空港を結ぶ3号線が長江と合流する嘉陵江を渡る。





立川よりも学園都市っぽいのではないだろうか、美琴お姉様。

内陸部で年中湿度が高い重慶は霧に包まれる日が多くて霧都と呼ばれている。高層マンション群が霧に包まれてる姿を見ると、なんとなく学園都市みたいに治安悪そうに見えてアンチスキルやジャッジメントが警備してそう。



隣の牛角沱駅から出発したモノレール車両。





いいね、いいねー!





重慶モノレールはもう一箇所、建物を貫く場所がある。




このように車両が突っ込んでいく。




広場のド真ん中に建てられた用途不明の建物を貫いていく。




場所は、2号線・杨家坪駅すぐのところにある。




モノレールに乗って通過してみたけど、特に何かが起こるというわけでもない。

重慶になんで二箇所もこんな場所があるのか不明だが、やはり、狭い穴があったら入りたいというのが人間の本望だからだろうか。重慶は他にも性のテーマパーク「ラブランド」や2000人が用を足せるトイレもあるらしいので細かいことを気にしてはいけないのだろう。ちなみに地下鉄のラブライブ!ラッピング車両に土下座するラブライバーが出たのも重慶のようである。



日本にもかつて姫路モノレールの大将軍駅が似たような感じだったが、現在は遺構のみが残る。他には商業ビルに突っ込む小倉駅も似たようなもんか。重慶モノレールは現役かつ上に乗っかっているマンションの規模が大きくてカオスなので、春秋航空日本などを利用して見に行く価値は十分。
2016年06月15日(水)

バスと鉄道で国境越え!シンガポールからマレーシアのジョホールバルまで日帰りしてみた


シンガポールからマレーシアのジョホールバルまでバスと鉄道を乗り継いで日帰りトリップしてみた。


続きを表示する 『バスと鉄道で国境越え!シンガポールからマレーシアのジョホールバルまで日帰りしてみた』