"STG" タグ

2010年09月17日(金)

Xbox Live アーケード「レイディアントシルバーガン」2011年配信決定


Radiant Silvergun – Xbox Live Arcade Trailer(YouTube)

Xbox Live アーケードに「レイディアントシルバーガン」が移植決定されることがマイクロソフトの基調講演で発表。
・2011年配信予定
・オンラインとローカルの協力プレイが可能
・リプレイダウンロード
・改善された画質(HD対応?)
「斑鳩」に続いて「レイディアントシルバーガン」が待望のXbox Live アーケード入り。サターン用が結構高騰してるので気軽に遊べるようになるのはうれしいですね。

ところで「斑鳩」の次の「Project RS-3」はいったいどうなったのでしょうか?

TGS: Microsoft Keynote Live Blog – Xbox360 News at IGN
Microsoft TGS 2010 liveblog | Joystiq
2010年09月16日(木)

Xbox LIVE アーケード「バンガイオーHD ミサイルフューリー」2010年秋配信


Bangai-O HD: Missile Fury Preview for XBOX 360 from 1UP.com
Xbox LIVE アーケード「バンガイオーHD ミサイルフューリー」

2010年秋配信予定
800マイクロソフトポイント
ディースリーパブリッシャー

Xbox360の性能をフル活用しシリーズ最大の敵やミサイルが表示可能
100ステージ以上をクリアせよ
バンガイオーの新作「バンガイオーHD ミサイルフューリー」がXbox LIVE アーケードで配信。東京ゲームショウ2010の情報には記載されてないようですが展示されていれば遊んでみたいです。※ディースリーパブリッシャーブースで展示。
2010年09月11日(土)

「SYSTEM BOARD Y3」は入力遅延の少ないSTGや格闘ゲームの救世主となるか?


AMショーで気になったのは加賀電子グループのブースで展示されていたアミューズメントゲーム機用のシステム基板「SYSTEM BOARD Y3」。



「SYSTEM BOARD Y3」は3Dの立体視にも対応していることを全面に押し出してリリースを行い、マスコミにもそのように報道されており、実際のブースでもメガネなしの3D表示デモを行ってPRを行っていました。

3Dはとりあえず置いておき、この「SYSTEM BOARD Y3」はWindowsをベースとしたシステム基板に比べて入力遅延が少なくできるんじゃないかってお話でした。技術的なことはほとんどわかりませんがフルHDにも対応しているので最近のゲームのスペックに対する需要も十分そうです。

「SYSTEM BOARD Y2」の時も低価格でPCベースの開発もしやすいという触れ込みだったらしいのですが、実際出たのは「THE KING OF FIGHTERS 2002 UNLIMITED MATCH」「ひぐらしの哭く頃に 雀」「エヌアイン完全世界」の3つしかないらしいので(参考: Wikipedia)、「SYSTEM BOARD Y3」がキーの入力とそのレスポンスにシビアな格闘ゲームやシューティングゲームで普及していったら面白いかなあと思いました。

SYSTEM BOARD Y3 ニュースリリース(pdf)



※会場内の撮影は、ブース全体で禁止、「けいおん!」はNGのように一部の展示物で禁止など、細かく指定されているのでご注意ください。

シューティングゲームの基板が買えなくなる時代がやってくる?


AMショーに行ってきました。

タイトーブースで、ネットワーク配信でゲームを汎用筐体に入れて稼働させるNESiCAxLive(ネシカ クロス ライブ)というシステムのパネルを見てきました。そこには参入を表明してるメーカーの一覧も。
アークシステムワークス
アトラス
SNK
ガルチ
グレフ
サクセス
Bouken
MOSS

KOF SKY STAGE(SNK)、まもるクンは呪われてしまった!(ガルチ)、旋光の輪舞(グレフ)、トラブル☆ウィッチーズAC(Bouken)、雷電IV(MOSS)、トリガーハート エグゼリカ(童)、などここ最近STGを出してるメーカーもたくさん載っていました。サクセスは元々インディーズだったexceptionのロケテストも行っていますし。


NESiCAxLiveでは基板を購入するというリスクを店舗が負わなくてすむため、例えば「トラブル☆ウィッチーズAC」みたいにSTGの中でも全国のゲーセンで20枚くらいしか出回ってないようなタイトルがもっとたくさんのゲーセンで遊べるようになったり、レトロゲームの日替わり配信みたいなことができる可能性もあるので期待してます。

反面、ネットワークの接続が前提となるので、個人で基板を買ってやり込んだり、基板を収集しているような人には辛い時代がやってくるかもしれませんね。この中にはケイブが入ってませんが、NESiCAxLiveで実際にどのくらいのゲームが出てくるのか注目したいです。
2010年08月14日(土)

この一滴が最高のしあわせ 「ウィンディアのかなり濃いお小水」がついに発売! 恐怖!ケケケのケイブ屋敷


2009年夏のケイブ祭り「監獄ケイブ祭り!来たら…逮捕しちゃうぞ」のグッズとして告知されるも発売されなかった「ウィンディアの小水(こみず)」が1年越しでついに登場!

さすがにヤバすぎて自粛したんじゃないかと思っていたら「満足のいく濃さ、量の抽出を果たし、販売の運びとなりました。どうぞ心ゆくまで深い味わいをご堪能ください。」と書かれているので納得がいくまで調整してたからなんですね!


続きを表示する 『この一滴が最高のしあわせ 「ウィンディアのかなり濃いお小水」がついに発売! 恐怖!ケケケのケイブ屋敷』

2010年08月08日(日)

NHK FM「今日は一日 ゲーム音楽三昧」のラストが「ギャラガ」だったわけ

今日は一日 ゲーム音楽三昧、曲目リスト
8月7日の正午から12時間に渡ってゲームミュージックをひたすら長し続ける「今日は一日 ゲーム音楽三昧」を聴きました。正直に申し上げれば放送前はあまり期待してなかったのですが、いざフタを開けて見たらシューティング祭りもあったりで完全なるオッサンホイホイっぷりに盛り上がりましたね。ときめきメモリアルの金月真美さんが登場したり「もっと!モット!ときめき」が流されて古傷がえぐられてる人も多数いたり。

最後を飾った曲がギャラガだったのは驚きまして、なんであえてギャラガなのかと思ったら、ゲームミュージックとしては初となるサウンドトラックの最後に収録されていた曲だからのようです。

実はね、さっきの曲は、世の中で一番最初に発売されたゲームミュージックのサントラの、一番最後の曲なんだよ。
ビデオ・ゲーム・ミュージック – Wikipedia
調べてみると1980年から1983年までのナムコのゲームミュージックを集めた「ビデオ・ゲーム・ミュージック」のラストがギャラガとなっています。

リクエストを反映してくれたおかげかかなりコアな曲もたくさんかかってタイムラインを見てもみんなハッスルしまくってましたが、最後にこんなネタを仕込んでくるとは脱帽モノでした。ダライアスバーストアナザークロニクルのロケテストで出かけていて最初から最後まで全部は聴けなかったのと、実現するか不明ですがパーソナリティの方々が高々と2回目やります!と言っていたので次回にも期待したいです。
2010年08月07日(土)

AC「ダライアスバーストアナザークロニクル」 HEYのロケテストは150人が行列を作る大盛況!


アーケード「ダライアスバーストアナザークロニクル」のロケテストに行ってきました。



……しかし結論から言うと遊べませんでした!※私は離脱してしまいましたが夕方頃には遊べたようです。

10時オープンの5分前に到着時にすでに110人ほど並んでいたようで、最終的に列は150人に!新クラブセガのある細い路地に並ばせられ、新クラブセガで行われているスーパーストリートファイターIVのロケテストの行列より長そうでした。

10時30分くらいに100人以降らへんの人に「このままお並びいただいても遊ぶことができない可能性があります」とアナウンスがあり、11時頃に整理券が配布されて列は解散しました。

HEY店内は「ダライアスバーストアナザークロニクル」を見る人でごった返し画面を見るのもままならないような状態でした。15時くらいから強制的に4人同時に遊ばせるようなアナウンスがありましたが、午後には4人で遊んでいるところを見かけたのでもう少し流れがよくなっているかもしれません。


プレイ料金

1プレイ200円
200円+600円で残機無限

ロケテストでは残機無限はできないようでした。

自機選択

レジェンド、ネクスト、フォーミュラ、オリジンの4種類

フォーミュラはPSP「ダライアスバースト」のボツキャラのようです。

コース選択

1面: A、B、C
2面: D、E、F、G
3面: H、I、J、K、L

ロケテストでは3面エンド

AゾーンからDまたはE、BゾーンからEまたはF、CゾーンからFまたはGという感じで、ゾーンクリア後に2つの分岐が出るのはいつも通り。ただし1面から3つのゾーンが選択可能で、Cゾーンがハードで下に進み続けるほど難しい模様。Aはシーラカンスで2面で一番上のDはエイ、3面で一番上のHだとピラニアで、一番下のLだとクジラことグレートシングが登場。製品ではどうなるか不明ながらロケテストでも捕鯨は可能です!



敵の配置などはPSPとは全然違うそうできちんと2画面のアーケードゲームとして調整されているようでした。ボスも大きくなっています。右画面がハーフミラーで映像を出して2画面を繋げる方式。つなぎ目ははっきりわけるけどあまり気にならなさそうでした。ダライアスシリーズをやり込んでいる人の話を聞くと、Type X IIでどうしても入力遅延が発生するので多少気になったそうです。ダライアスと言えばボディソニックですが、筐体を軽く触ってもその振動が伝わってきます。成人男性が4人並んで座るとかなり狭そうですが、残機無限にしてみんなでワイワイやるのも楽しそうでした。




プレイしてアンケートに答えた人に配られたダラバーACボールペン。

シルバーホークとシーラカンス(アイアンフォスル)が入っています。初日が1Pカラーの赤で、2日目は2Pカラーの青がもらえます。※クジラじゃなくてシーラカンスでした。




傾けると……




逃げてー!

2画面分をシーラカンスが泳ぐギミックがすばらしく、プレイできた人が本当にうらやましいです。



ロケテスト会場はこれまでどんなケイブのシューティングでも見たこともないすごい混み合いでした。カウンターバーストが成功してボスを沈めたときに拍手と共に歓声が上がる様子を見ると、まるでゲーセンのシューティングゲームでみんなで盛り上がれる時代が再来したかのような錯覚を覚えるほどでした。


関連
ダライアスバーストアナザークロニクルのロケテストに行ったら1番にならんでた。
AC「ダライアスバースト アナザークロニクル」 ロケテストは大盛況! 32インチ画面を海洋生物型戦艦が大暴れ
2010年07月28日(水)

AC「ダライアスバーストアナザークロニクル」 2画面分となる32:9の大画面で登場!



タイトーが専用筐体の新作シューティングゲームを開発中?
先日のエントリでタイトーが専用筐体の新作シューティングを出すのではないかとお伝えしましたが、アルカディア2010年9月号でそのタイトルが「ダライアスバーストアナザークロニクル」であることが明らかに。




アーケードでは「Gダライアス」から実に13年ぶりとなるダライアスの新作。
「ダライアスバーストアナザークロニクル」は16:9のモニタを2つ繋げた32:9の画面構成に。

個人的には「ナイトストライカー2」だったらいいなあと思っていたのでそれに関しては残念ですが、「ダライアス2」のように2画面のダライアスが約20年ぶりに出るということで非常に楽しみです。


1レバー+3ボタン(4シート)
2010年冬稼動予定
TypeX2
NESYS対応
8月7日~8日まで「秋葉原Hey」にてロケテスト開催予定
am-netより
4シートでタイトーのネットワークシステムNESYS対応ということで多人数プレイが熱そう!上のコースを選び続けるとクジラも4体出てくるのかどうか楽しみです。2010年冬稼働予定、8月7日から8日までのHeyロケテストが待ち遠しいです。アケ担の担当さんによると、2画面は鏡面表示で、ボディソニック、ヘッドホン端子装備で9月のAMショー出典予定だそうです。まさしくダライアスが帰ってきたと言えるでしょう!



それにしても、今日シューティングゲームの基板は100枚売れるか売れないかというレベルと聞くので、「ダライアスバーストアナザークロニクル」はいったい何軒のゲームセンターに設置されるのか不安です。どうやって今のタイトーでこんな企画を通すことが出来たのかインタビューなども読んでみたいですね。
2010年07月26日(月)

ディノスパーク札幌中央でケイブの新作STG「赤い刀」ロケテスト開催


トラミミさんから写真を送っていただきました。

札幌の中心部にあるディノスパーク札幌中央で「赤い刀」のロケテストが開催。
期間は7月30日(金)から8月1日までの3日間。




スガイビルのパワープラント プルプル。

ディノスパーク札幌中央と言われてどこのゲーセンかと思ったら、スガイ・エンタテインメントからゲオディノスに社名が変わったのと一緒にスガイビルからディノス札幌中央ビルという名前に変更されたんですね。

HEYのロケテストレポートはこちら。



追記
赤い刀公式サイトでロケテスト情報が公開されました。

7月30日から8月1日
京都 a-cho
名古屋 GAME KING JOY
ディノスパーク札幌中央店
福岡カジノ京町

8月6日から8月9日
トヤマレジャーランド呉羽店
ZEST 吉祥寺
神戸 遊スペースマジカル
岡山 アミパラ テクノランド店
2010年07月25日(日)

PLUMから「SA-77 シルフィード/ランサータイプ」が今秋、R.C.ベルグから「アサルト」が今冬発売


ワンダーフェスティバル2010夏で、PLUMからメガCD「シルフィード」のSA-77 シルフィード/ランサータイプが2010年秋発売、R.C.ベルグから「グロブダー」に続いて「アサルト」が今冬立体化されることが告知されていました。


続きを表示する 『PLUMから「SA-77 シルフィード/ランサータイプ」が今秋、R.C.ベルグから「アサルト」が今冬発売』