成田スカイアクセス 新型スカイライナーのついでに成田空港周辺を探検する


先週の日曜はJ-P01さんと志摩さんに連れられて成田空港へ行ってきました。



早速デッキへ。

航空機を見るのもいいけど成田と言えば真っ先に空港反対派とのせめぎ合いの場所を探していました。

高いフェンスで覆われている部分が反対派の土地で、写真左側にいる航空機は暫定第2滑走路方面から第2ターミナルへ戻るために通路の折れた部分を通ってました。

成田空港建設反対運動 – Google Earthの旅





空港から500メートルの地下通路を通り、




かつての成田空港駅だった京成東成田駅へ。




バリケードが張られている部分を覗いてみると廃墟っぽく。




はみ出とるー!




今では使われなくなった奥のホームは「なりたくうこう」と書かれた駅名表までそのまま残されていました。





そしてお隣の芝山千代田駅へ。


全長2.2キロで日本一短い芝山鉄道。

芝山鉄道は空港によって分断されてしまった地域を繋げるために生まれ、Airの舞台探訪のときに見た全長2.7キロの紀州鉄道から「日本一のミニ私鉄」の座を奪ったわけです。





位置関係はこうなっています。



そして空港に戻り。


京成本線とは入り口から完全に分断。




有人窓口に並ばなくてもホームでライナー券買えるじゃねえか。












併走するJRを華麗に抜き去り、




最高時速160キロで駆け抜ける。




あっという間に日暮里。




次は終点、上埜さん!








中部国際空港と名古屋を結ぶ名鉄の特急と車両メーカーが一緒なので中身はどことなく似た印象ながらそつなくまとめていました。ターミナルが日暮里と中途半端なせいか開業2日目でもそれほど込んでなかったのが気がかりでした。


この後はみんなで集まってNHK MAG・ネットのアイドルマスター特集を見ることに。