2010年08月15日(日)

普通のFDレンズをマクロレンズに変えるエクステンションチューブM


FD 50mm F1.4 S.S.C.を買った直後にエクステンションチューブFD25-Uを手に入れてみたものの、拡大率が高すぎて使い勝手が悪かったので今度はエクステンションチューブMセットを入手しました。

エクステンションチューブMセットは5mm、10mm、20mm、20mmの中間リングのセット。

これらを組み合わせることで、5mm、10mm、15mm、20mm、25mm、30mm、35mm、40mm、45mm、50mmのように5mm間隔で中間リングを作って好きなだけ接写することが可能になります。




New FD 50mm F1.4だと通常このくらいまでしか寄れません。




5mmのリングをマウントアダプタとレンズの間につけてみます。




New FD 50mm F1.4 / F4.0 ピントリング無限遠。


New FD 50mm F1.4 / F5.6 ピントリング最近接。

New FD 50mm F1.4で5mmのリングだと1/8サイズのフィギュアを撮るのにちょうどいいマクロレンズが完成。




クドわふたー 能美クドリャフカ 白衣コスプレVer.はNewFD 28mm F2のレンズに5mmのリングをつけて撮影したものでした。

広角レンズで接写すると手前にあるあんよを大きく強調できますが、マイクロフォーサーズではこのくらいの焦点距離のマクロレンズはまだ存在しませんし、マクロレンズを買わなくても手持ちのレンズで主にクドに踏まれてる感を出したい時には役立ちますよ!


関連
四畳半の住人Extention Tubes M 使用説明書

Permalink | デジタル | , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る