2011年04月23日(土)

ゲーマー向きの遅延1フレ未満かつ3万以下で買えるIPS液晶 三菱RDT232WXを購入


三菱のRDT232WX(Amazon)を購入。

入力遅延が1フレーム未満をうたったRDT231WM-Xの後継機。遅延1フレ未満に加えてD端子付き、3万前後で視野角が広いIPS液晶かつノングレアというと、もうほとんどこれしか選択肢がありません。

これまで使ってたデルの2407WEPと比べてオトメディウスXを遊ぶと明らかに入力遅延が減ったのが体感でき、普段ゲームを遊ぶ分にはもうこれでいいんじゃないかと。10年くらい前にはあらゆる分野で「液晶なんて」と言われてたのがウソのようで、これに満足することなく入力遅延に関してはゼロを目指していただきたいところ。

ベストな設定がまだ掴めてませんが、動画/TVでオーバードライブや超解像はオフにしています。

Windows7/Vistaでゲームを遊ぶ時は3フレームの遅延に気をつけて
あなたはSTGで1/60フレームの遅延を見分けられますか? 遅延のないゲーム環境を目指して
その他これまでの遅延関連のエントリ。




ただし三菱のモニタはスタンドがちゃちでブロックを組み合わせて高さ調節するので何かの拍子に折れそう。この辺は価格との兼ね合いなので仕方ありませんが。それと比べてデルはスタンドのつくりだけは神だったな。縦回転もできるし。

IPS液晶だけに視野角の広さはさすがで、デルにあったギラブツな目つぶし感も少ないので長時間PCで作業しても疲れにくそうです。現状のゲーム向き液晶モニタでは最もオススメできるモニタの1つです。

追記
後継機のRDT233WXが登場。
Permalink | デジタル | , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る