"ゲームパロディ" タグ

2010年07月10日(土)

「奇々怪界」のごとく妖怪退治なんて生易しいもんじゃねえ! 刀語 第七話「悪刀・鐚」


刀語 第七話「悪刀・鐚」で土佐の清涼院護剣寺へとやってきた七花の姉・七実。















「奇々怪界」じゃねえか!


続きを表示する 『「奇々怪界」のごとく妖怪退治なんて生易しいもんじゃねえ! 刀語 第七話「悪刀・鐚」』

2010年02月25日(木)

「バカとテストと召喚獣」8話 エンターブレイン炸裂のゲームパロディにシビれるぅ!


「バカとテストと召喚獣」第8話でまさかのパロディ回。ヴァンパイアセイヴァーのモリガンとリリスで姫路さんと美波のおっぱいを対比してきましたよ。

やっぱり美波のぺったんこはまぶしくてすばらしいな。調子の悪くなってしまった試験召喚獣システムに感謝したいです。




秀吉も同じくヴァンパイアセイヴァーのバレッタとして登場。

個人的に秀吉は女っぽい格好よりも普段の男の方が色気があってドキッとさせられてしまうのですが不具合であれば仕方がない。






それにしてもこれはひどい。

「とらドラ!」や「とある科学の超電磁砲」みたいにトロステに出てくるフラグだったらいいんですけどねえ。







マリオはいいとして、







明久のその右手

パワーグローブじゃないか!

どうせならヘッドマウントディスプレイもファミコンの3Dメガネあたりにしてほしかったです。






姫路さんと美波に三角木馬でなぶられるシーン。





まさかベヨネッタ姐さんか!




ベヨネッタの三角木馬参考動画(YouTube)

ファミ通のクロスレビューで40点満点つけていた「ベヨネッタ」を「バカとテストと召喚獣」でも持ち上げてくるあたりはさすがエンターブレインだな!



ファミ通で40点と言えばメタルギアソリッドの「性欲をもてあます」というフレーズも出てきましたね。露骨なエヴァンゲリオンのネタなどで正直なところ見る人によってかなり評価が分かれそうでしたが、ここまでネタで通してしまうならむしろ清々しくらいの最高のパロディ回でございました!
2010年02月05日(金)

「とある科学の超電磁砲」でついに全ゲーマー待望のゲーセン回がやってきたぞ!


「とある科学の超電磁砲」第17話でついに全ゲーマー待望のゲーセン回がやってきたぞ!




まずは右端のシューティングゲーム。




「とある魔術の禁書目録」第22話に登場した架空のメーカー「GASE」による「NEAR FANTASY SPACE」じゃないか!元ネタはもちろんセガのファンタジーゾーン。


ニアーファンタジースペースはその後フランスパンのエイプリルフールネタで本当にゲーム化されたりしましたが、「とある科学の超電磁砲」で再び会えてうれしい!お帰りなさい!!












「セコラリー」もしっかりと再登場。

でもなんでビデオ筐体なのかは謎に包まれています。







「デスクリーチャー」も再び出てますがこちらの元ネタは不明です。「デスクリムゾン」とかだったりするのでしょうか。







「セコラリー」の隣で黄泉川先生に隠されている「ギャラコア」。






「ギャラガ」ですね。






右側のポスターはファンタジーゾーンの自機「オパオパ」っぽいですね。オパオパには翼と足はあったけど腕はなかったのでツインビーあたりと混ざってるのかもしれません。

左のポスターはこれだとわかりにくいですが、





「ゼビウス」じゃないか!

「XEVIOUS」じゃなくて「XELVIS」かな。自機もちゃんと「ソルバルウ」っぽいです。







「WARCLUB(戦棍)」は「ゴールデンアックス(戦斧)」。







そして今回の物語の要となる「GEKISHO9」。



今週の『レールガン』の格闘ゲーム「GEKISHO9」の元ネタはロゴの感じからハイパーネオジオ64の『武力』じゃないかな。

「GEKISHO9」の元ネタはいまいちよくわからなかったのですが、SNKの「武力~BURIKI・ONE~」じゃないかという説が。



確かに丸い背景に三段組のタイトルロゴはほとんどそのまんまですね。




ゲーム本編については結局わからず仕舞いでしたが、落ち目のメーカーと言われた制作の「WEED」という会社にもモデルがあったりするんでしょうかねえ。






「HYPER 猫拳6 THE KING OF CAT FIST」元ネタはハイパーストリートファイターII、鉄拳、THE KING OF FIGHTERS
右寄りのパズルゲームはコラムスっぽく。

そして最後に、「GEKISHO9」とコラムスっぽいものに挟まれている「猫拳6」、






なんでも混ぜりゃいいってもんじゃないだろ!






しかし「猫拳6」ってどこかで見たことあるなあと思ってたら、







ナギがXbox360エリートでプレイしてたやつじゃねえか!



なんと「ハヤテのごとく」2期 第18話にも登場していました。とあるシリーズのゲーセンで稼働してる「猫拳6」はしっかりとXbox360に移植されているようですね。

2つの異なる作品の世界が「猫拳6」で繋がっているなんてとてもすばらしいコトではないでしょうか。


という感じで学園都市はやけにビデオゲームが充実しててかなりうらやましいゲーセン事情。J.C.STAFFのゲーム好きと細かすぎるネタに脱帽させられたゲーセン回でございました。
2009年03月13日(金)

セガへの愛があふれている「とある魔術の禁書目録」

とある魔術の禁書目録 第22話 「石像(ゴーレム)」
「とある魔術の禁書目録」第22話で地下街にやってきたインデックスさん。ゲームセンターに来るのは初めてだったようで、煌びやかな筐体に興味津々のご様子。



インデックスさん興味津々その1 インデックスさん興味津々その2
その中でも特に関心を示されたのが





NEAR FANTASY SPACE その1


NEAR FANTASY SPACE その2 NEAR FANTASY SPACE その3
タイトルは「NEAR FANTASY SPACE」、メーカーはたぶん「GASE」






NEAR FANTASY SPACE その4 NEAR FANTASY SPACE その5

どう見てもファンタジーゾーンです。








PS2「ファンタジーゾーンコンプリートコレクション」からアーケード「ファンタジーゾーン」のタイトル画面 ファンタジーゾーンの自機オパオパ
翼や足がはえてるかわいらしい自機、パステル調のグラフィック、買い物システムを象徴する「GOLD」の表記、「WEAPON」や面数の表記までファンタジーゾーンのゲーム画面と比較してみるとそっくりです。

ファンタジーゾーン2面ボスのボランダ ファンタジーゾーン6面ボスのウィンクロン
ボスっぽいものは、ファンタジーゾーンの2面ボスのボランダと6面ボスのウィンクロンを組み合わせたような感じでしょうか。

このように徹底的にファンタジーゾーンの雰囲気を再現したり、ゲーセンに入ってすぐの目立つところに最新ゲームっぽく堂々と2台も稼動させてるあたりからスタッフの愛が感じられますね。



セガラリーならぬセコラリー
他には「セガラリー」ならぬ「セコラリー」なんかも稼動させるあたり、スタッフにセガマニアがいることは間違いないでしょう。


◆関連
とある魔術の禁書目録 – アニメ : BIGLOBEストリーム 無料動画サイト
22話が見られるのは来週。

SEGA AGES 2500シリーズ Vol.33 ファンタジーゾーン コンプリートコレクション(Amazon)