2010年02月20日(土)

「旧FD 50mm F1.4」と「New FD 50mm F1.4」 持ち出すならどっち?


New FD 50mm F1.4をハードオフで発掘。



わりと状態がよいものがなぜか2000円だったのでついうっかり買っちゃいました!ウレタンが劣化してレンズにつけるとスッカスカだけどフードもついてたし。こういうのがあるからハードオフめぐりはやめられません。


最初に手に入れたFD 50mm F1.4と同じスペックのレンズじゃないか!

FD 50mm F1.4
New FD 50mm F1.4

マウントは共通でどちらも発売は30年以上前のレンズながら、New FDの時代になるとエンジ二アリングプラスチックが積極的に導入され始め、同じキャノンの50mm F1.4でも100グラム以上軽くなってて比較するとまるで兄弟のよう。

旧FDではキャップにアルミっぽいものが貼られていたのがなくなり、銀色の締め付けリングも変更になっています。実用では特に絞り輪がプラスチックになったのが大きく、旧FDだと「カチッカチッ」と気持ちよく絞りを変更できたのが、New FDだと「カタカタ」と安っぽくプラッキーな印象を受けるのはちょっと残念。






それでも使ってみた感じでは性能差はありません。

軽いのでお散歩レンズとしては圧倒的にNew FDなんだけど、今時のレンズにはない金属の重厚感にうっとりできる旧FDも捨てがたく、外出時にはどちらを持ち出すかかなり悩ましいことになってきました!


こ、これがレンズ沼というものなのか……。
Permalink | デジタル | , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る