2011年11月26日(土)

イギリスでSIMフリーiPhone4Sを探してきた!価格、結果は?


アップルストア リージェント・ストリート店。

先日イギリスに行ってきたので、そのついでにロンドンでSIMフリーのiPhone4Sが手に入らないか探してみました!




やってきたのは日本の銀座にあたるオックスフォード・ストリート。夜はクリスマス仕様になりつつあるのかイルミネーションもきれい。




アップルストア リージェント・ストリート店はロンドンの地下鉄オックスフォード・サーカス駅からすぐの場所にあります。店内は2階構造で製品を展示するテーブルに木を用いたり階段をアクリル板で透明感を出したりするデザインは日本のアップルストアとも似ていてなんとなく安心感を覚えました。



入口で「きゃない ばい しむりふぃーあいふぉんふぉーえす?」と片言の英語で店員さんに話しかけると、英語がまったく聞き取れねえ!

「ぱーどん?」と何度か聞き返すと、サーティツーとかシックスティフォーなどの単語が聞き取れ、どうやらSIMフリーiPhone4Sのうち16GBは予約のみだが32GBと64GBは当日でも買えるっぽい?

それで店員さんが手を向けた方にあった列に並ぼうとすると「なんとかかんとかレジストレーション!」と色黒の店員さんに止められる。

レジストレーションって予約なしで買えるんじゃなかったんかい!と困っていると、なんか日本語が話せる店員さんを呼んでくれるっぽい!

20分くらい待つと、なんと日本人の店員さんがやってきて思わず「こんにちは!」



この店員さんは積極的に海外に出たくて日本から就労ビザでイギリスへ来たそうで、日本の今の閉塞感を見ると日本人はどんどん海外へ出るべきではないかと語るナイスガイな方でした。SIMフリーiPhone4Sは1人2台まで買えるらしく、それから最初に並ぼうとしてた列は予約受け取りのみの列だったらしく、予約なしの列は階段を挟んだ反対側だったようで。だったら入口の店員さんは最初から予約なしの列を示してくれればこんなに苦労しなかったのに!




というわけで買えたー!

32GBと64GBを1台ずつ購入。予約なしの方が列が圧倒的に短く5人くらい待てばすぐでした。発売から一ヶ月半という買えるかどうか判断が難しい時期だったので飛び込みで手に入ってよかったです。ちなみに、シンガポールのチャンギ国際空港第3ターミナル制限エリアでアップル製品を売ってるお店がありましたがiPhone4Sのみ値札が貼ってなくて買えないようでした



さて、イギリスのSIMフリーiPhone4Sの気になる価格は以下。

16GB: 499ポンド
32GB: 599ポンド
64GB: 699ポンド

当日はクレジットカードで支払い1ポンドあたり約123円だったので円に直すと。

16GB: 61377円
32GB: 73677円
64GB: 85977円

欧米では消費税にあたるVAT(Value Added Tax)という付加価値税がありそれが含まれた金額です。ヨーロッパの消費税はお高いだろうというイメージはあったものの、15%くらいかと思っていたら現在のイギリスではなんと20%になっていて驚きでした。

ただし20%かかるVATのうち空港で申請すれば14%くらい取り戻すことが可能。アップルストアで会計時に「VAT Refund please」とか言ってVAT FORM(免税申請用紙)の用紙をもらい必要事項を記入。空港の制限エリア内でまず税関職員にパスポートや商品と一緒にVAT FORMを見せてスタンプを押してもらい、返金カウンタで現金かクレジットカードに戻す処理をしてもらえばOKです。返還は5営業日で行われるそうです。

VATがどのくらい返って来るのかはよくわかりませんが、32GBのVATがだいたい100ポンドでそのうち70ポンドが返還されるようだったので、20%のVATのうち14%が返って来るとして計算する以下。

16GB: 54216円
32GB: 65081円
64GB: 75946円

国内でiPhone4Sを一括購入した場合の価格プラス1万前後でしょうか。香港からSIMフリーiPhone4Sが流入してきてジリジリと相場は下がっていきますが、購入時ではまだまだヤフーオークションで転売屋さんから買うよりははるかに安く手に入りました。

ちなみに、あらかじめホテルなどに許可を取りApple Store (UK)のサイトで購入したSIMフリーiPhone4Sをイギリスでの滞在先に発送すれば確実に手に入ると思います。この記事を書いている時点で発送は1週間から2週間。ただしVATが取り戻せるかどうかは不明です。



しかし、無事に買えて安心したところでトラブルが発生し、なんとVAT FORMが32GB分しかない!

レシート等は購入後すぐに大切にしまったので64GBのVAT FORMは最初からもらってなかった可能性が高そう。これに気がついたのが空港に着いてからで後の祭り。店員さんに日本語の名刺をいただいたので問い合わせはしてみますがおそらく1万円くらいは返ってこないことになるでしょう。VAT FORMの確認はお忘れなく!


そんな感じで手痛いミスもありましたが、イギリスのSIMフリーiPhone4Sは在庫さえあればアップルストアで買えるということで、「俺のiPhone4Sは変態じゃない本場のイギリス紳士なんだぜ!」と自慢して話題作りもできますのでイギリスへの旅のついでに買ってみるのはオススメです。

Permalink | デジタル | , , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る