2011年12月03日(土)

輪るピングドラムを考察する上でかかせない「フランス」という意外なキーワード



「輪るピングドラム」の舞台探訪でフランスへ行って来ました。

輪るピングドラムで陽毬が入院する東鴎総合病院はフランスのパリにあるポンピドゥー・センター。ヨーロッパ最大の現代美術館で図書館や映画館などの複合施設。





鉄骨やカラフルな配管をむき出しにした特徴的なデザインで完成当時は物議を醸したそうですが、今ではすっかりパリの顔みたいです。


EDの配管はおそらくポンピドゥー・センターのものではないかと。


ポンピドゥー・センターの建築を手がけたレンゾ・ピアノ氏は関西国際空港旅客ターミナルも設計しているそうで配管や空間の使い方がなんとなく似ていますね。


美術館の中は、工業デザインのように比較的わかりやすいものから、わけわからん現代芸術まで様々。立体物も多めで退屈しませんでした。


たまたまやってたムンク展で「思春期」が展示!美術の教科書でこれだけは覚えてるぞー!




とまあ、はしゃぎすぎましたので輪るピングドラムに戻りましょう。




輪るピングドラムの舞台探訪でパリのポンピドゥー・センターに行くためにいろいろ見直してみると、第9話で陽毬がフランス国旗のクッションを抱き抱えてるシーンがあったりするんですよね。

他には、時籠ゆりで「パリ パリ 麗しの都 パリ~♪」なんて劇中劇もあるなどフランスを彷彿させるシーンが結構あります。




フランス国旗に注目してみると、のトリコロールカラーはそのまま晶馬陽毬冠葉に該当するということがすぐにわかりますね。




陽毬たち3人で目指したトリプルHもになっています。

青は自由白は平等赤は博愛(友愛)を示すそうですが関連があるかはいまいちわかりません。ともあれ、輪るピングドラムの作中で随所に挿入されるフランスを思わせるシーンは、晶馬、陽毬、冠葉3人の家族という共同体での結びつきをこれでもかと言うくらいに示しているような気がします。しかしその結びつきも揺らいできていますし、そこから運命の至る場所にたどり着くというのはどういうことになるのでしょうか。

正直なところ、輪るピングドラムのテーマについて考察するのは早々に諦めてしまって単純にストーリーのみを楽しんでいましたが、物語も終盤に入ってきましたのでフランス行きをきっかけにしてもう一度「あーでもないこーでもない」と考えながらラストを見届けたいと思います。

舞台探訪に関するお願い
舞台探訪はマナーを守り節度を持った行動を心がけてください。観光地はもちろん民家の多いところや公共施設では特に他人の迷惑になったり不審に思われる行動はとらないようご注意をお願いします。

ロケ地によっては観光地化されていないところも多く、そこに人が住んでいてそれぞれの生活がある場所を、宗教的なものを彷彿させる「聖地」や「巡礼」と呼んで騒ぎ立てるのは誠に忍びないという思いから、弊サイトでは聖地巡礼という呼び方をせず、舞台探訪、ロケ地巡り、背景訪問、逆ロケハンなどを推奨しています。
Permalink | 舞台探訪 | , , , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る