2013年02月22日(金)

旭川冬まつりのトランスフォーマー巨大雪像がほとんど要塞だった。







雪像というかほとんど要塞やん!


2月6日から11日までの間に第54回旭川冬まつりが開催。旭川冬まつりは全国的に有名なさっぽろ雪まつりほど規模は大きくないものの、1つのメイン雪像を超巨大に作り世界最大級の雪像でギネスに登録されたことも。今年のテーマは「トランスフォーマー More Than Meets the Eye」で、高さ20メートル、幅130メートル、奥行40メートルという巨大な雪像が骨組みを使わずに雪のみで作られるというから驚き。雪像変形!によってできたトランスフォーマーの圧倒的な存在感は雪像というよりもはや要塞という感じで、ここを拠点にして戦でも始められそうな勢いに。




旭橋湖畔会場に入ると中雪像や小雪像がお出迎え。


コンボイ。


旭川のヒーロー「あさっぴー」(左)。

トランスフォームして右に変身するようだ。



休憩所ではトランスフォーマーミュージアムやクイズラリーが開催。

トランスフォーマーと言えば、ファミコンの「コンボイの謎」と思っていたのに展示がなかったのはいったいどういうことなのか。




キングスライム。


ワンピースのしらほし姫。



なめこが人気。


初音ミク×共同募金。





子供向けの滑り台には旭山動物園のペンギンやアザラシへの餌やり雪像も。





高さ10メートルのところが展望テラスになってて上の方が間近で見られる。


大雪像の脇には旭橋を見下ろす70メートルと100メートルの氷滑り台が。


寒さに耐えて30分以上並んみたら結構怖かった!






氷で見事一瞬を表現した相撲の「うっちゃり」など氷彫刻世界大会。

とにかく人が多いさっぽろ雪まつりと比較するとゆっくり回れるし超巨大な雪像も見られるので満足度はなかなか。雪まつりシーズンの3連休は新千歳行きの航空券がとにかく高くて取りにくいため、予約が新千歳より取りやすいスカイマーク成田–旭川便(普通運賃12000円)で旭山動物園と旭川冬まつりを見て、金券屋で2500円くらいのJRのきっぷを買って札幌入りするのがオススメ。

Permalink | おさんぽ | ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る