2015年04月25日(土)

Fate[UBW] イリヤ・アインツベルン城のモデル ドイツのノイシュヴァンシュタイン城が美しすぎる!


風雲!イリヤ城

TVアニメFate/stay night [Unlimited Blade Works]第15話(第2期3話)「神話の対決」で、イリヤに協力を求めに士郎と凛がアインツベルンの城を訪れる。今日はバーサーカーとギルガメッシュが対峙し死闘の舞台となるこのイリヤ城に注目したい。

フランスのブリサック城

Fate/stay night [UBW]の冒頭で映るイリヤ城の外観は、原作ゲームFate/stay nightと同じくフランスのブリサック城が使われている。こちらはまだ訪問したことがないが、パリからTGVで行けてレンヌも近いので有名なモンサンミッシェルのついでに行くといいかなあ。ついでって距離でもないけど。
ブリサック城 – Google 検索


そこになぜかドイツのノイシュヴァンシュタイン城が



まさかのノイシュヴァンシュタイン城

フランスのブリサック城が出てきたと思ったら、OPが終わった提供クレジットでなぜかドイツのノイシュヴァンシュタイン城が出てきて何事かと思った!


[C87]アイマスと世界遺産に行こう!「ろけます!世界遺産巡りドイツ&関西の旅」
ノイシュヴァンシュタイン城へはミュンヘンから1日かかり、アイドルマスターシンデレラガールズの取材で訪問した。



見る角度によって様々な表情を見せるノイシュヴァンシュタイン城。

ノイシュヴァンシュタイン城の入口へは城の周りにある坂を上っていくのでその点はイリヤ城と異なっている。よく見ると写真中央付近の高い塔「東の塔」がイリヤ城の入口の上になるように描き変えられているようで、細かく構造が変更されているのがわかる。




入口から見たノイシュヴァンシュタイン城本館。


入口の反対側から見たノイシュヴァンシュタイン城。



このイリヤ城の本館部分は、全体の構造はノイシュヴァンシュタイン城の入口方面から見たものとだいたい一致するが、本館で屋根が乗る三角形状の壁部分は反対側から見たものと一致する(赤丸)というややこしい構造になっている。恐らく細部は反対側から見た資料しかなかったからと思われる。

心が叫びたがってるんだ。のシンデレラ城や悲愴からストーリーが読めるんだ。
ノイシュヴァンシュタイン城については「心が叫びたがってるんだ。」で書いたけど、シンデレラ城のモデルでヨーロッパの城の代名詞的存在でドイツの観光パンフレットに必ず出てくるノイシュヴァンシュタイン城はFateでも出てくるとは思わず。ただし、Fate/Zeroを見返してみたらノイシュヴァンシュタイン城っぽいカットがあったので、まさか外観が2つの城から合成されているとは思わず単純に見逃していただけだったっぽい。

ロリブルマのかわいさは世界一だけど、ノイシュヴァンシュタイン城の美しさも負けてなかったよ。さすが、風雲!イリヤ城といった感じ。


イギリスのチャッツワース



イリヤ城の大広間。

イギリスにあるカントリーハウス/マナーハウスのチャッツワース(Chatsworth)になっている。2階への階段部分や2階で細い通路のギャラリー(キャットウォーク)などが一致し、金ピカの手すりに施された細かい装飾もほぼそのまま再現されている。



こちらはFate/Zeroとの比較。

2階奥の階段の手すりを見ると左右反転されているのは原作でもアニメ[UBW]でも同じ。Fate/stay night [UBW]とFate/Zeroのイリヤ城を比較すると、階段を登った左右の柱が違うなど同じufotable制作でも微妙に細部が異なるのが面白い。




一応、石膏像もあるけどFate/stay night [UBW]のようにズラっとたくさん並んではおらず室内空間自体もかなり狭い。



チャッツワースのホールはFate作中では描かれていない壁画がとにかく美しい。






ウェイバーたんを探しにイギリス・ロンドンの時計塔に行ってきた!
詳しくはイギリスに行ってきたFate/Zeroの舞台探訪を見てほしいけど、石造りの神殿っぽい部屋や食堂、本棚がたくさんある書斎など雰囲気がよくていかにも「ヨーロッパにきた!」という感じが味わえる。

チャッツワースはクリスマスと年始以外は営業。ロンドン・セントパンクラス駅から最寄りのシェッフィルド(シェフィールド/Sheffield)まで直通列車で2時間半。クリスマスシーズンはクリスマスマーケットが開催され渋滞がひどくシェッフィルドからの218番バスが一部運休になるほどなので注意。
Opening times – Chatsworth House official website


ノステル・プライアリ


イリヤの部屋。



イギリスのノステル・プライアリ。

原作ゲームFate/stay nightでは「図説 英国貴族の城館 カントリー・ハウスのすべて」という本で使われている写真の構図を左右反転してしていたが、アニメFate/stay night [UBW]でもベッドや暖炉周りは同じように描かれている。それでもカントリーハウスのノステル・プライアリよりもイリヤ城は空間が広く天井がやたら高くなってると思う。

カントリーハウスは冬期閉鎖されるところが多いためナショナルトラストのNostell Prioryのサイトを見てから計画を立てる必要がある。


ハドンホール


イリヤ城の廊下。



「図説 英国貴族の城館 カントリー・ハウスのすべて」と原作ゲームFate/stay nightより。

廊下は壁の模様が原作ゲームFate/stay nightにも出ていたイギリスのハドンホールをアレンジしたものと思われ、ハドンホールはFate/Zeroにも出ていたので恐らく間違いない。チャッツワース、ノステル・プライアリ、ハドンホールはシェッフィルド周辺にあるので夏にレンタカーで一気に回るのが楽そう。イギリスは日本と同じ左側通行で運転しやすい。
Haddon Hall Visitor Infomation


3カ国の城が合成されたホムンクルス


クリスマスマーケットで賑わうチャッツワース。

このように、イリヤ城はドイツのノイシュヴァンシュタイン城、フランスのブリサック城、イギリスのチャッツワース、ノステル・プライアリ、ハドンホールという風に、3カ国の名だたる城やカントリーハウスを合成して描写されておりその豪華さがわかっただろうか。

つまり、お金をかけてufotableが本気で作ったFateアニメの中でアインツベルンの錬金術で合成したホムンクルスの最高傑作がこのイリヤ城だ!

原作ゲームがもう10年以上前というのに驚きで、遠坂凛ルートも記憶が曖昧なのでどの辺がアニメのオリジナル展開なのか思い出しながらストーリーを追っていくのが大変だったけど、Fate/stay night [UBW]は美しすぎるお城や豪邸から再現された背景描写も注目。いずれも首都から離れた郊外にあるのですげえ面倒くさいけどまだ行ってないところはそのうち機会を見つけて回りたい。

舞台探訪に関するお願い
舞台探訪はマナーを守り節度を持った行動を心がけてください。観光地はもちろん民家の多いところや公共施設では特に他人の迷惑になったり不審に思われる行動はとらないようご注意をお願いします。

ロケ地によっては観光地化されていないところも多く、そこに人が住んでいてそれぞれの生活がある場所を、宗教的なものを彷彿させる「聖地」や「巡礼」と呼んで騒ぎ立てるのは誠に忍びないという思いから、弊サイトでは聖地巡礼という呼び方をせず、舞台探訪、ロケ地巡り、背景訪問、逆ロケハンなどを推奨しています。
Permalink | 舞台探訪 | , , , , , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る