2014年09月22日(月)

ロシアで売ってたアイマスのアニメDVDがヤバすぎる


混ぜるな危険

ロシア・サハリンのゲーム屋に行ったらアニメDVDが売られていたので見てたら、なんとTVアニメ「アイドルマスター」のDVDを発見!「ポーランド人のPと話したことあるけどロシアにもアイマスPいたのか!」と思ってよく見たらどうもコピーDVDっぽく、下の方にはなぜかゼノグラシア!って、なんでも突っ込んで1本にまとめればいいってもんじゃないだろ!



サハリンの中央駅・ユジノサハリンスクの駅前から北に歩き、鉄道博物館で日本製の気動車(キハ58)や除雪車を眺めながら更に歩く。




すぐにいろんなテナントが入る商業施設の建物や市場が見えてくる。



PS4ってロシアでも売られているんだ、と思ったら、なんと日本より先に発売していたようで。

おのれロシアめ……。



タイトルのキリル文字は以下。

「идолмастер」→「IDOLM@STER」
「ксеноглоссия」→「XENOGLOSSIA」
「тв」→「TV」
「ова」→「OVA」

「XENOGLOSSIA」は日本だと「ゼノグラシア」だけどロシアだと英語に違い読みで「セノグロシヤ」って感じになるっぽい。



パッケージに使われていたのはどうもゲーマガ 2009年 04月号の表紙に使われていた集合絵のようで、PSP「アイドルマスターSP」とか懐かしいけど、A-1 PicturesのTVアニメサンライズのゼノグラシアを無理やり収録した上に、アニメのDVDにゲーム用の素材が使われているのはカオスすぎる。

ゼノグラシアと言えばアイドルマスターの中でもほとんと黒歴史扱いされてるけど、9年とか付き合っている人は度重なるアーケードのサービス終了の危機雪歩の声変わりなど、実に数々の苦難を乗り越えてきてるので今だと「そんなのあったよねー」くらいに言えるようになったPも増えてるんじゃないかな。

アイマスのキャラを使った全然別物の世界観に最初はがんばって見てたけど確か5話くらいで挫折した過去があり、ロボットとの恋愛という高尚すぎるテーマが描かれているらしいので、今となってはそのうちリベンジしてみたいところではある。



ゼノグラシアの方の説明書きに「プロダクションI.G」って書いてあるけど、制作のサンライズのはずなので間違い?


貼ってあった「203」のシールが値段だとすると203ルーブルは1ルーブル3円とすると600円くらいとなり激安。値段と粗悪なパッケージからどう見てもコピー商品で、購入しても著作権者にお金は入らないしそもそも日本に持って帰って来てはダメなので消して買ってはいけない。

台湾だと2000年台ではまだコピーのビデオCDが売られていたのが完全に駆逐されたけど、前に行ったバリ島や今回のロシアではまだまだ平然とこうしたコピー商品が売られているのが現状と言える。

Permalink | アニメ・マンガ | , , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る