アイドルマスターのネットワークサービス終了に向けてバンダイナムコがサヨナラ企画を開催!


5周年記念のライブも来週に迫り、次のステップへのカウントダウンも始まったアイドルマスター。その裏で2010年9月1日AM01:59のネットワークサービス終了が刻一刻と迫るアーケードのサヨナラ企画が公式サイドから開催されるようです。

先日、懐かしいアーケードのプロジェクトの面々や新しい人も加えて、打合せがありました。
内容は、オンラインの終了に伴って最後になにかイベント的なものでもやりたいよね、という話です。
人手も予算もありませんが、いままで5年間のありがとうを伝える機会を作れないかと、
社内外の方にも色々協力いただいて、いくつか実行できそうな企画がまとまりそうです。
正式に決まりましたら、ここで発表したいのでお待ちください。
アイドルマスター スタッフコラム「始まること、終わらないこと」より

いままで5年間ありがとうを伝える機会を作りたいと、バンダイナムコ社内外の協力を仰いでいくつか企画を立て、サービス終了を祝うという前代未聞のイベント。

それに対して「サヨナラ企画じゃないよ!」という小山P。確かにオンラインサービスが終了してもオフラインで残すお店や個人で筐体を買ったプロデューサもいるでしょうし、次のアイドルマスターへのステップになるわけですから、これで終わりじゃないんだ!と思うとグッときました。小山Pとディレ1を混同していたので修正しました。

公式サイドのイベントというと、期間中に上位に入ったユニットの楽曲が実際に発売されたCDに収録され、全参加者のステージ写真から選ばれてそのCDのブックレットに収録されたスーパープロデューサートーナメントを真っ先に思い出します。アーケードの最後を飾るイベントも全国のプロデューサーみんなで祝えるようなものになっているといいですね。発表はスタッフコラム上で行われるそうなので公開される日が楽しみです。





下の方に「出勤簿」の話も載っていましてこちらは個人的に強く覚えています。遊んだゲームセンターの履歴を携帯電話で確認できる「出勤簿」は、2005年10月の実装直後は110店舗までしか表示できない仕様になっていました。仲間内で全国のゲームセンターを回り始めて、上限に達してしまった人たちが「対応してくれ」というような要望を出したら光の速さで修正され、まさに神対応でした。

「そんなん対応してくれるわけないだろ」むしろ「110店舗で終わりならそれ以上やらなくて済むからよかった!」と思っていた私はそれはもう愕然としましたよ!




当時のログが残っててふいた!

私は現時点で残り3店舗になりましたが、全国各地を旅したり現地のプロデューサーとお会いする機会があったりと行動範囲を一気に広げてくれた5年間は自分にとってかけがえのないものになっています。


他にも10億の桁が足りなくてランキングサーバーが止まったり今年3月に起こったバグの話にも触れられていますが、いずれも迅速かつ的確な対応がされていましたね。更に2010年3月期はグループ全体で310億の赤字を出しているのにも関わらず、アケマスで最後の花火を打ち上げてくれるバンダイナムコには一生ついて行きたい。