弘前公園の桜のごとく舞台で咲き誇れ!アイドルマスターシンデレラガールズ舞台探訪


アイドルマスターシンデレラガールズの舞台探訪で桜満開の弘前公園へ。



期間限定イベント「花舞う花見祭り」の裏桜の桜並木と思われる弘前公園西濠の春陽橋。

桜の名所で朱色の橋があるところでシンデレラガールズのように手すりの部分に擬宝珠がない橋を探してみたところ弘前公園がかなり近いということでやってきました。シンデレラガールズでは後述の通り関東や関西がメインなので弘前公園が1枚だけ出てくるのもおかしな話で、ロケハンしてない可能性が高そうですが、そこに背景があれば行くしかありません。





桜のトンネル。










弘前城天守と下乗橋。




天守閣から津軽富士とも呼ばれる岩木山を見下ろす。




鷹丘橋。








アイドルマスターシンデレラガールズのカットと思われる1枚の写真取りに行くためだけに弘前へ日帰り往復新幹線とかバカすぎることになりましたが、新幹線が青森まで開通したからこそできる芸当で、アイドルマスター2の舞台探訪でハリウッドへ行ってエンディングの背景1枚だけ撮ってきたのと比べてマシだと思えばどうにでもなりますね!今年の弘前公園の桜は例年より遅かったものの、開花してから連日夏日が続いたせいであっという間に満開になってしまったようなので運良くピーク時に行けてよかったです。


以下お仕事の場所を中心に紹介します。



シンデレラガールズのロケハンが行われたのは2011年夏?



お仕事の最初の場所となるのは原宿の中でも若者向けの小規模店舗が軒を連ねる竹下通り。

原宿駅を降りてすぐの竹下通り入口でバルーンアートのあるアーチのところ。アーチは定期的にリニューアルされているようなのでシンデレラガールズのものとは違いましたが、調べてみると2011年7月前後のアーチと完全に一致するようです。シンデレラガールズの開発は神撃のバハムートや戦国サーガと同じサイゲームスが行なっており、背景は外注かもしれませんがもしロケハンが行われたとすれば2011年夏頃ということになります。シンデレラガールズが配信されたのが2011年11月28日なのでソーシャルゲームだとかなり短期間で作れちゃうんでしょうね。





次のお仕事現場は渋谷駅前交差点。

アーケードのレベル1事務所のある「だるい屋」が入っていたビルのモデルも渋谷でしたね。





秋葉原駅電気街口。

外神田のゲーマーズ付近です。シンデレラガールズの背景も「GAMERS」って看板文字やキャラクタのでじこがはっきりと見てわかります。どうでもいい話ですが「秋葉原」や「アキバ」というと近年では観光地くさいニュアンスになってしまったのであえて「外神田」と言うようになりました。





池袋駅東口。

右端にある「銀のクマの銀カード」の広告まで同じです。





横浜のみなとみらい。


アーケードからゲームに登場しTVアニメでも出ましたね。アイドルマスター2の背景使い回しかと思ったら微妙に角度も違いジェットコースターも描かれているので新規描き起こしのようです。





千葉の千葉都市モノレール。

シンデレラガールズの背景だと「落花生工場」が描かれていますが沿線にはなさそうです。高架の形が近いのが千葉駅前から千葉みなと駅近く。




県庁前駅の円形の歩道橋と線路が途切れてるところが超かっけえんすよ!





さいたま新都心のさいたまスーパーアリーナ。

エリアが追加されるまで輿水幸子様がラスボスとして君臨してじっくりねっとりとしごいてくれた埼玉ロード。アイドルマスターの声優さんもアニメロサマーライブに参戦する場所として有名ですね。




大阪ミナミの戎橋。

アイドルサバイバルひな祭り編の直後に追加になった大阪エリア。雪印やグリコランナーであまりにも有名すぎる場所なのになぜか左右反転されています。




京都の清水寺。

プロダクションマッチフェスティバルの直後に追加された京都エリア。修学旅行スポットとしても有名ですが大阪に続いてなぜか反転。アーケード連動の携帯アプリ「ハプニング☆ロケ 京都の旅」で春香が訪れる場所でもあります。




よみうりランドのオープンシアターEAST。


バレンタインパーティーのスイーツロードはアーケードから登場するオープンシアターEAST。こちらもアイドルマスター2の背景使い回しかと思ったら角度が違い背後のジェットコースターもそのまま再現されてます。




アイドルサバイバルのLiveバトル時の演出で富士山。

こちらはアイドルマスター2の3Dモデルのキャプチャが使われているようなのですが、なぜここだけ背景素材が使いまわされているのか謎すぎます。富士山の角度から考えると山梨側で、一番イメージに近い河口湖ステラシアターまで行ってきた時のもの。ステージはまったく違うようですが、屋根が開いて富士山が見える可動式ステージになっています。




ちなみに裏じゃない桜の並木道はどこにでもありそうでしたので似たような紅白の提灯がある上野公園へ。

弘前公園行きでは位置ゲームのアイモバiも代行のみで青森県全3エリア制覇もできたので言うことなしです。ただライトアップの時間までいられなかったので機会があれば来年も行きたいくらいの見事な桜が見られたのでシンデレラガールズ関係なくオススメできる場所になります。弘前の桜のピークは毎年ゴールデンウィークあたりで行きやすいので来年の桜ロードの時期に旅の計画を立ててどうぞ。




「ろけます!iDOL SURVIVAL増刊号」こちらでもまとめています。