2014年11月02日(日)

シンガポールのカプセルホテルが1泊1663円朝食付の安宿で斬新!


b88 hostel

シンガポールは1人あたりのGDPが日本より上でアジアの中では物価が高く、国土が狭いからかホテル代も高い。ただしドミトリー風の安宿はたくさんあるので個室にこだわらなければ選択肢は多い。中でもカプセルホテル風の宿が多くて人気も高いようなので2泊泊まってみた。


選んだのはb88 hostelという安宿。

システム障害で2時間遅延!エアアジアXでシンガポールへフライスルー
スクートでシンガポールから台北経由で成田 台風で2時間遅延
シンガポールへの往復はエアアジアとスクートを利用で32000円くらいだった。



チェックインしてICカード付きのカギをもらう。デポジットとして20シンガポールドルを人質に取られた。



カードをリーダーにタッチするとカギが開く。




一番安い男女混合ドミトリーで12人部屋。




ベッドはこのようになっていて、厳密にはカプセルホテルというよりは壁で仕切ってベッドを作ったといった方が近い。

この88b hostelはベッドの入口をカーテンのようなもので隠す仕組みはなかったので気になるなら他のホステルを選んだ方がよい。たまたま端っこだったというのもあるが、別に仕切りがなくても特に気になることはなかった。



エアコンはちゃんとある。

マットレスはかなりまともで快適に過ごせたが、掛け布団はシーツみたいなのしかなかったので服かエアコンで調節する必要がある。通り沿いなので耳栓はあった方がよいと思う。




ロッカーと小物入れがあり、借りたカギで利用できる。入らない荷物は部屋の中かフロントの近くに置く。

ヨーロッパなどの安宿だと南京錠を自分で持って来ないといけないところも多いがここは必要なかった。ベッドの横にある小物入れに電源があり、シンガポールはイギリスと同じBFタイプのプラグ。

各ベッドに電源はあるし、ICカードにWi-Fiのパスワードが書かれているし、シーツ類も最初からセットされているのでかなり機能的で日本のカプセルホテルとは勝手が少し違うもののまとまり具合は負けてない。



ゴミ箱は小さいので12人部屋が埋まったらすぐにいっぱいになりそう。




シャワーは比較的すぐお湯が出てきた。

ものを置く場所はほぼないのでほとんど全裸で廊下を歩くことになる。ボディソープやシャンプー類もないので持参。自分の旅スタイルだと1週間前後が最長なので小さいプラスチックの瓶にボディソープ詰めてそれ1本でシャンプーも洗顔も全部済ませてる。



シャワールームは各階3つあるようでそのうち2つは便器と一緒になっている。謎の白い黄土色の水が気になってシャワーのみの部屋が空くまで待ってた。床は各部屋に仕切りがあるが水の跳ね返りは隣の部屋に入ってくる。

この辺の水回りはやはりお金をかけた方がよくなる傾向なので仕方がない。内装や設備は比較的新し目だったのでこれまで利用した安宿の中ではマシな方だった。洗面所にもシャワールームの水が流れてくるので100円ショップのサンダルや使い捨てスリッパを持っていった方がいい。



ベッドメイキングされてない上の段は空間が広かったのでこっちを使わせてくれればいいのに。



台湾のじゃがビーもらった!

初日は12人部屋に3人のみで、1人は女性だった。もう1人の男性が台湾人とわかると思わずガッチリ握手!台湾でもじゃがビー人気あるんだな。2日目はジャカルタから来たという2人組が加わったけどまだ空きがたくさんあるので余裕を持って利用できた。



ハウスルール。

チェックイン15時、チェックアウト11時。タオルのレンタルは2シンガポールドルでなくすと10ドル。朝食は8時から10時半まで。





朝食はヨーロッパのドミトリーでよくあるコンチネンタルブレックファーストが無料。

パン、シリアル、賞味期限が異様に長い牛乳、リンゴ、バナナ、紅茶など一通り揃っていたのでマシな方だと思う。お湯のサーバーもあるのでカップ麺を買ってくるのも手。当たり前だが食器は自分で洗って戻す。



冷蔵庫でコーラやアルコールも売ってたけど空いてるスペースは使えるのかな。



オープンテラス。




5階からの景色。



目の前にバス停があり、シンガポール国立博物館などに1本で出られる。

88b hostelの場所はブギス・アラブ・ストリートのエリアらしいが、リトルインディアも近い。最寄り駅はファーラー・パーク、リトルインディア、ブギス、ラベンダーの4駅2路線あるが4駅のちょうど真ん中にあり10分くらい歩く。ブギスとラベンダー駅はグリーンラインでチャンギ空港へのアクセスも便利。




屋台村のホーカーズでなくてもリトルインディア付近で5ドルでカレー食えたので食事は安く済ませられる。

リトルインディアでは外国人労働者によって40年ぶりに暴動が起きたそうでよく見るとパトカーがいっぱい。それでもシンガポールは警察が多い国で細い路地もそれほど治安悪くなさそうだった。

88b hostelはagoda.comで前日に予約して直前予約特別価格30%割引で手数料込み2泊で3,326円。1泊1663円で朝食とれてベッド周りは清潔感あったので水回り以外は日本のカプセルホテルと比較しても遜色は全然ない。普通の2段ベッドがあるだけのドミトリーと比べると少し高めの2000円前後になるが、日本のカプセルホテルにヨーロッパのドミトリーのテイストを足したようなシンガポールのホステルはなかなか気に入ったのでオススメしたい。

Permalink | おさんぽ | , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る