2015年11月04日(水)

台湾高雄地下鉄のマナーポスターがやばい


台湾・高雄のMRTはジョジョ立ち禁止です。


日本の半額でグリーン車に乗れる!台湾高鉄と新幹線を比較
台北から台湾高速鉄道でやってきた南端の新左営駅。



高雄のMRTに乗り換えようとすると早速こんなイラストポスターが。



ひったくりや器物破損の犯罪防止ポスター。

高雄で都市交通を運行する高雄捷運(高雄メトロ)では萌えキャラの「進め!高捷(たかめ)少女」を起用して様々なマナーポスターを掲示している。

追記: はてなブックマークのコメントによると、ハンバーガーを盗もうとしているのはマクドナルドのハンバーグラーで、右上は名探偵コナンの犯人じゃねえか、という話。



エレベータは高齢者や身体障害者優先。



高雄メトロでは飲食禁止の「厳禁飲食」。




駆け込み乗車禁止も、駅のいたるところで見ることができる。



高雄のMRTはホームドアが天井まで届くフルスクリーンタイプで、もたれかかるのは当然禁止。



まさかジョジョのパロディーを使ってくるとは思わなかったが、他にもよく見ると、マイリトルポニー、ドラえもんらしきキャラもいて怪しすぎる。



左下のエレベータのキャラは元ネタがあるのかわからず悩んだが、どうも、お年寄り(銀髪)、妊婦、子供(ロリ)を全部入りにしたネタ絵のようで。

GOSICKのヴィクトリカや物語シリーズの忍野忍などロリババア最高だな!と思っていたら、これからはもうロリババア妊婦の時代のようで台湾のレベル高すぎてついていける自信がない。

高捷少女痛車がすごすぎて台湾の萌え文化はもはや日本を軽く越えていった
高捷少女のラッピング車両についてはこちらで。

Permalink | おさんぽ | , , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る