2013年03月10日(日)

特典航空券でもビジネスクラスにインボラアップグレードされることがある ANA台北→成田


エコノミークラスの特典航空券でビジネスにアップグレード

オーバーブッキングなど航空会社の都合で上のクラスになるインボランタリーアップグレードに人生初めて遭遇。台湾コミケFancyFrontier21から帰る台北(桃園)→成田のチケットはエコノミーがビジネスになりました!

インボラアップグレードが告げられるのは、WEBチェックインの時だったり、チェックインカウンターだったり、搭乗ゲートだったりいろいろあるみたいですが、今回は搭乗ゲートでエラーが出て止められました。

初めてだったのでなんで止められたのかわからず、残念そうな人はお断りされるんじゃないかとか、荷物を調べられて同人誌が海賊版と間違われて連れて行かれたりしたらどうしようかと焦りましたよ!インボラされるのは、上級会員が有利らしいのでした甲斐がありました。旧正月最後でエコノミークラスのチェックインカウンターはかなり混雑してたので溢れちゃったんでしょうか。

それにしても、この時はマイルを使ったんですが、特典航空券でもアップグレードされるもんなんですね。




「CLUB ANA」と呼ばれる中短距離国際線のビジネスクラスの座席。かなり倒れる。




各席にいろんな形式に対応した電源。



和食

口取り
・磯辺巻き卵
・ししゃもの昆布巻き
・葱のサーモン巻き
・若鶏の松風焼き

小鉢
・カシューナッツ豆腐

主菜
・鯖の味噌焼き[199kcal]

御飯
・ゆかり御飯

味噌汁
小菓子


日本のエアラインだけに和食がちゃんとうまい!味も濃すぎず一品一品が細かいので飽きずにどんどん食べられます。台湾では牛肉麺や夜市の屋台もの、あと駅弁ばっかりだったので、久しぶりの和食が身体に染み渡るような感じでした。




基隆港のあたりが見えて台湾とはお別れ。








2-1-2で通路側が1席のみのタイプ。

実は往路もビジネスクラスでした。エコノミークラスが空いてなくて仕方なくビジネスクラスにしたんですが、蓋を開けてみたら往復でビジネスという豪華な旅に。往路が767-300で復路が777-200という機材。両方とも窓側で隣がおらず贅沢に空間が使えました。




足元も当然広い。




長距離路線のプレミアムエコノミーについてたノイズキャンセリングヘッドホンと対して変わらない。




バレンタインで客室乗務員さんからチョコクッキーもらいました!



洋食

アペタイザー
・サーモンのタルタル さつま芋パンケーキ添え
・牛たんのミルフィーユ
・胡麻ババロアの生ハム巻き シチリアントマト添え
・タラバ蟹の網パイ 白ワインとカレー風味のソース

メインディッシュ
・ビーフシチュー 冬野菜を添えて[384kcal]

ブレッド
・ソフトブレッド

デザート
・やわらかチーズケーキ

ビーフシチューの肉はシチューをつけなくても味がついてて柔らかい。




シャンパンとおつまみ。


次は長距離路線でビジネスにアップグレードしてフルフラットの座席を体験してみたいですが、4月にプラチナからスーパーフライヤーズカードに降格するのでインボラは望み薄でしょうか。

追記: 夏に念願叶い中国国際航空の長距離ビジネスにインボラ。

Permalink | おさんぽ | , , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る