2015年02月26日(木)

アニメ艦これ第8話 史実でも大和が停泊したトラック泊地を検証する


トラック泊地空襲

TVアニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」第8話「ホテルじゃありませんっ!」。FS(フィジー・サモア)作戦遂行のためということで第5遊撃部隊の吹雪や金剛たちはトラック島(ドラッグ島?)を訪れることになる。期間限定海域「迎撃!トラック泊地強襲」がついこの間まで開催されていたが、原作ゲームに続いてTVアニメでもトラック諸島が登場!

ところで、

トラックにヘビはいえねえんだよ!

つい一ヶ月前に行ってきたトラック諸島ことチューク諸島(Chuuk Islands)のあるミクロネシア連邦にヘビはおらずマラリアや狂犬病もなく治安も比較的よいのでノープロブレムデース!

最高気温は30度を超えず、日差しやスコールを除けば日本の夏より過ごしやすい常夏の島。

世間では弓道だか水上スキーだかでもめたりする例もあるらしいけど、ヘビなんてどうでもいいところを指摘する提督は他にいないと思うのでせっかくだから突っ込んでおこう!



Google Mapsで表示したトラック諸島。


長門と陸奥の後ろに貼ってある地図がトラック諸島で、実際の地図とほぼ一致する。



トラック諸島を実際に上空から見てみるとサンゴ礁によってできた美しすぎるラグーンが……



雲で何も見えねええええ!

天気悪すぎて終わったあああ!
環礁を上空から眺めるの楽しみにしてたのに……。



まあ、天気はイマイチであったが一応こんな感じで見えた。北から南に向いた景色。

TVアニメ艦これだと夏島が左右反転されており、楓島が北すぎるなどその他も細かく変わっているがだいたいトラック諸島をそのまま地図に描いている。



原作ゲームでもほぼそのまま再現されているが、こちらは右上が北になってるっぽい?

すさまじい連合軍の空襲にあった史実のトラック島空襲に対して艦これのゲームでは反攻作戦を行った。アニメではトラック島はFS作戦のために作られたとても重要な前進基地で「他の艦娘たちもムーブしてきてるデス!」ということで手負いとなった翔鶴姉を入渠させにくるわけだが、陸奥の言っていたとっておきの新鋭艦というのは戦艦・大和だった。


トラック泊地に残る武蔵係留ブイ

かつてのトラック泊地は連合艦隊本拠地となりアメリカなら真珠湾に相当する重要基地で大和と武蔵を並べて停泊したこともあり、武蔵係留ブイが現在も遺構として残されている。

トラックで大和を登場させるとはアニメ艦これスタッフもなかなかやるじゃないか!




トラック諸島のうち夏島(トノアス島・デュブロン島)が日本海軍の施設が多く中心となっていた。

アニメ艦これではロケハンはおろか資料すら参考にしていないと思われ、恐らく夏島以外を見ても一致するような外観の島はないと思われる。




こんな感じで椰子の木が生えたビーチがあり、遠目にトラック諸島の島々が見えるが、南の島だったらこんなんどこでもいいよなー。



そしてアニメ艦これでは大和ホテルが登場!




第4艦隊司令部の壕や竹島の飛行場跡などの戦跡を多数見てきたけど、さすがにトラック泊地にこの大和ホテルはないなー。



北上がビキニでおっぱいを揺らしていた砂浜に石垣や階段が見えるが、夏島には水上機基地の跡や防空壕などコンクリートの遺構が残されているが一致しそうな場所はなかった。


那珂ちゃんや文月が沈んだトラック島空襲の凄まじさを見てきた
トラック諸島の戦跡巡りについてはこちらで。



大和ラムネ。

艦これの大和も箱入り娘で実戦に出たことはなく他の艦娘と一緒に海に出たことすらなく、46cm砲を装備していることすら都市伝説みたいに語られていたように、実際の大和も艦隊決戦はなくほとんど活躍しないくせに艦内の設備だけはよくて大和ホテルと呼ばれていた事実が第8話の内容に繁栄されている。エアコンやラムネ製造機があったらしいが、この辺は解説しなくてもゲームからやってる提督はほとんど知っているだろう。



アニメ艦これ第3話に続いて対空砲弾の三式弾が再び登場(大和ミュージアムの写真で赤いやつ)。

赤城以上に燃費が悪いという問題が解決すれば今後は一緒に作戦に出ることもあるという長門提督のセリフがあったが、つまり史実通りにその日は二度と来ないだろうということなのか?それとも艦これの世界は史実とは異なるので違う展開が待っているということか?

長門提督は再度MOを攻略する気があるようで、次回、第9話は「改二っぽい?!」へ続く。

TVアニメ艦隊これくしょん関連記事: タグ「アニメ+艦隊これくしょん」

舞台探訪に関するお願い
舞台探訪はマナーを守り節度を持った行動を心がけてください。観光地はもちろん民家の多いところや公共施設では特に他人の迷惑になったり不審に思われる行動はとらないようご注意をお願いします。

ロケ地によっては観光地化されていないところも多く、そこに人が住んでいてそれぞれの生活がある場所を、宗教的なものを彷彿させる「聖地」や「巡礼」と呼んで騒ぎ立てるのは誠に忍びないという思いから、弊サイトでは聖地巡礼という呼び方をせず、舞台探訪、ロケ地巡り、背景訪問、逆ロケハンなどを推奨しています。
Permalink | 舞台探訪 | , , , , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る