【ポルトガル】TVアニメ「もやしもん」で沢木が二浪してでも農大農学部に入りたかった理由【コインブラ大学】


ポルトガル中部のコインブラの絶景。

石川雅之原作の漫画で、TVアニメ「もやしもん」で農大農学部のモデルとなるコインブラ大学へ。13世紀設立で歴史あるコインブラ大学は「コインブラ大学-アルタとソフィア」としてユネスコ世界文化遺産に登録されている。


農大農学部校舎となるコインブラ大学



「もやしもん」では農大農学部の校舎として登場するコインブラ大学。

塔より左の建物や、右側の屋根の大きさなど細部は異なるが、間違いなくコインブラ大学の校舎がモデルになっている。

ポルトガルの首都リスボンと第二の都市リスボンを回る計画を立てている最中に、英語でいろいろ検索したら「もやしもん」の校舎がコインブラだとわかり、ちょうどリスボンとポルトの間にあったので行くことができた。


コインブラ大学の絶景





この絶景である。

「もやしもん」はがストーリー上の重要なテーマの1つになるが、原作では沢木らが登場時に未成年のせいで、TVアニメでは大人の事情で二浪させられて20歳になっている。浦島景太郎が三浪して東大に入るのは何も問題ないが、農大が二浪してまで入りたい大学だとはとても思えなかったので当時は呆れたものだが、ポルトガルの最高学府かつ世界最古の大学の1つで建物や景色も最高となれば何が何でも入りたいと思うのは仕方があるまい。

TVアニメ放送開始から12年くらい、原作の連載開始からだと15年くらい経つが、ようやく納得のできる二次創作的解釈を得られたのでポルトガルまで行って本当によかった。


ポルトガル、コインブラまでのアクセス

まず、ヨーロッパまではエアトリ(旧DeNAトラベル)で中国東方航空のチケットを発券し、羽田→上海(浦東)→マドリード→上海(浦東)→成田が60,670円。マイルは有効期限のないデルタ航空に加算して5398マイルを獲得。マドリードからポルトまではライアンエアーで35.69ユーロだった。

ポルトからコインブラまでは1時間、Intercidades(IC)の一等が11ユーロ。コインブラからリスボンまでは2時間、Alfa Pendular(AP)の一等機内食付きが20.5ユーロ。鉄道はいずれもプロモ運賃。

ポルトガルのフラッグ・キャリアであるTAPポルトガルはスターアライアンス所属なので、日本からはANAやルフトハンザドイツ航空のフランクフルト乗り換えなどが便利。ヨーロッパ中からLCCが飛んでいるので周遊もしやすい。

【TVアニメCLANNAD】ポルトガル・リスボンを訪問することで、たった1カットに込められた京アニスタッフの思いを12年越しでようやく知ることができた
TVアニメ「CLANNAD」第14話「Theory of Everything」で登場するポルトガルの首都リスボンにあるベレンの塔を訪問。 ベルンの塔は、15世紀にバスコ・ダ・ガマのインド航路発見を記念して当時のポルトガル王・
舞台探訪に関するお願い
舞台探訪はマナーを守り節度を持った行動を心がけてください。観光地はもちろん民家の多いところや公共施設では特に他人の迷惑になったり不審に思われる行動はとらないようご注意をお願いします。

ロケ地によっては観光地化されていないところも多く、そこに人が住んでいてそれぞれの生活がある場所を、宗教的なものを彷彿させる「聖地」や「巡礼」と呼んで騒ぎ立てるのは誠に忍びないという思いから、弊サイトでは聖地巡礼という呼び方をせず、舞台探訪、ロケ地巡り、背景訪問、逆ロケハンなどを推奨しています。
舞台探訪
フォローする
スポンサーリンク
さざなみ壊変