ザンジバル島を乗合バス・ダラダラで観光 ブブブに残る鉄道遺構を探して見知らぬ人にホイホイ付いて行った結果


タンザニアの旧首都ダル・エス・サラームからフェリーでザンジバル島に日帰りし、乗合バスのダラダラと徒歩でブブブの鉄道遺構を探し中心街ストーンタウンを観光した。訪問時の1タンザニア・シリングは0.06円


多彩な乗合バス・ダラダラ

ワゴン車タイプ


中心街ストーンタウンの外れにあるバスターミナル。



Dalla Bus Station→スルタンのパレス→ブブブ警察署の経路。

奴隷市場跡やマーケットの北にあるバス停Dalla Bus Stationからザンジバル島の北端ヌングイNungwi方面のミニバスが多数出ている。

なお、タンザニアでは乗り合いバスをダラダラと呼んでおり、アフリカは旧イギリス植民地が多く左側通行のため日本の中古車が多数走っている。



ストーンタウンから北10kmくらいのブブブBububuという街にある鉄道遺構を探すため、乗り込んだのはワゴンタイプのダラダラ。

2016年発行の「地球の歩き方」には502番がブブブ方面に行くと書いてあったが、路線番号という概念がほとんど消滅しており、「ブブブ!」と運転手や乗客に聞いてバスの目的地を確かめるしかなかった。

ブブブの手前にあるスルタンのパレスまで7kmほどの距離を300シリング(18円)。


マイクロバスタイプ


ブブブのバス停。

スルタンのパレスからブブブまではマイクロバスタイプのダラダラであった。



フィッシングパークつくば園の中古バスのようでそこそこきれい。

ブブブのバス停までは2kmくらいと歩けそうな距離だったが新しいバスだったせいか500シリングも取られてしまった。言い値で払ってしまったので外国人だから舐められていただけかもしれない。とはいえわずか30円なので細かいことは気にしない。



ちなみに、タンザニアや他のアフリカ諸国ではこのような幼稚園・保育園バスもいっぱい走っており、大の大人が定員オーバーで詰め込まれて大真面目に走っている様子を見ることができる。


タイのソンテウみたいなトラックタイプ


ブブブからストーンタウンへ戻る時はタイのソンテウみたいなトラックの荷台に乗せられるタイプだった。



天井がクソほど低く途中まですし詰めだったのできつかった。

料金は200シリング(12円)と安く普通のバスと比べて居住性がとても低い。しかし、往路で300+500シリングもかかったのはやっぱり多めに取られていたのかもしれない。


ANA特典航空券でサーチャージかからないエチオピア航空に乗り、24日で東・南アフリカ8カ国+1密入国の周遊まとめ
ANAマイレージクラブの特典航空券を利用してアフリカに行き合計8カ国+1密入国を行った。地図はGreat Circle Mapperで作成。
キリマンジャロのアルーシャからタンザニア旧首都ダルエスサラームまで夜行列車二等寝台で鉄道旅
キリマンジャロの拠点都市アルーシャから旧首都ダル・エス・サラームまでタンザニア鉄道Tanzania Railways Corporation(TRC)の二等寝台客車を利用。※2022年10月11日: 食堂車以下を追記
BANANA FISHに出てきたアフリカ大陸最高峰キリマンジャロ山が見たくてタンザニアへ飛んだ→「火口の絶景だ!」
吉田秋生先生の原作漫画でTVアニメ化もした「BANANA FISH」の舞台探訪でタンザニアへ向かった。
タイトルとURLをコピーしました