24時間トランジットビザ免除制度を利用して中国本土へ立ち寄り香港/マカオ/金門へ鉄道や船で抜ける


日本国民を対象とした、中国へ15日以内の短期滞在に対するビザ免除措置がコロナ禍以降停止されて久しい。24時間トランジットビザ免除制度を使って「東京→北京(入国)→国内線で深セン→鉄道や船で香港/マカオ」と移動可能か調べた。

外国人24小时过境免签有关政策解读
中国の公示を見ると、「日本→中国本土→第三国(香港・マカオ・台湾を含む)」と移動して中国本土から24時間以内に出港する場合、出入国審査で一時入国許可を申請すればビザなしで中国へ入国できる「24時間トランジットビザ免除」という制度が存在する。

中国国際航空「東京→北京(入国)→成都→イスタンブール」6万円!みたいな格安航空券は中国で2回乗り継ぐものがある。これは24時間トランジットビザ免除を利用して、北京で入国後24時間以内に国内線で成都まで移動し、成都で出国してイスタンブールへ飛ぶというものだ。

似たような制度として72/144時間トランジットビザ免除というものもあるが、これは指定都市圏から出ることができない。対して、24時間トランジットビザ免除は中国全域を移動可能となる。なので、北京で入国後に国内線で成都へ移動できるわけだ。

公示を見ると航空の他に鉄道と船も可能と読める文章が書いてある。しかし、「日本→上海(入国)→深セン→高速鉄道や船で香港/マカオ」のように鉄道や船を組み合わせた移動をやっている人を探してみたところ見当たらなかった。

全行程で座席指定されたチケットを持って24時間以内に中国本土から出れば問題ないはずだが、もし出入国管理局で止められたり航空会社が乗せてくれないという運用だったらNGだ。

中国の航空会社は電話しても全く繋がらなかったり「メールボックスがいっぱいです」と謎の自動音声が流れて切れたりして役に立たない。厦門航空は問い合わせ用のメールアドレスがあったので「まともな返答は得られないだろうな」とダメ元で送ってみたら、まさかの1営業日以内に返答が還ってきた!

内容をまとめると「東京→福州(入国)→深セン→高速鉄道で香港」は福州の出入国管理局の判断次第だが可能なはず。「香港から高速鉄道で深セン→福州(出国)→東京」は深センの出入国管理局の判断基準がわからないので答えられない、というものだった。完全に想像でしかないが日本へ戻る旅程もちゃんと説明できればたぶん可能だろう。

なので、「東京→北京(入国)→厦門→船で金門」も可能(ただし2023年の運用では外国人は厦門から金門へのフェリーは乗れないらしい)。「東京→北京(入国)→昆明→高速鉄道でラオス」も可能なはずなのでこれはかなり熱い。72/144時間トランジットビザ免除は対象空港が決まっており移動可能エリアも決まっているので、24時間という制限はあるものの格安航空券を利用したり好きに旅程を組んでビザなしで中国全域を移動して第三国へ抜けられるのはとても楽しそうだ。
タイトルとURLをコピーしました