GoogleドライブやDropboxなど複数のオンラインストレージを一括で管理・転送・同期・共有できる「AnyTrans for Cloud」


Google ドライブやDropboxなどの複数のオンラインストレージを一括して管理・転送・同期・共有できるクラウド管理ソフト「AnyTrans for Cloud」がiMobieからリリース。こちらの提供を受けたので早速使ってみた。

本記事はiMobieの提供でお届けします。


1回ログインするだけで複数クラウドを管理


AnyTrans® for Cloud – 複数クラウドコンテンツをひとまとめに管理する
AnyTransで複数クラウドサービスを一元管理し、すべてのクラウドコンテンツを気軽に1ヶ所で管理します。
「AnyTrans for Cloud」は、複数のクラウド上にあるファイルのダウンロードやアップロード、クラウド間でのファイル同期、共有などを一箇所で実現できるアプリ。

iMobieのサイトの「AnyTrans for Cloud」のページからWin用Mac用をダウンロードするかWeb用も利用できる。

アカウントはメールアドレスを使って新規に作成する他、Google、Twitter、Facebookのアカウントも利用可能



Win「AnyTrans for Cloud」の画面。

利用できるクラウドサービスは、Box、Dropbox、Google Drive、OneDrive、pCloud、iCloud、Facebookが対応。



例えばDropboxのアカウントを「AnyTrans for Cloud」に紐付けると、このようにアプリ上やWebからファイル一覧を見ることができる。



画像1枚を選択して拡大表示。

荒いサムネイル画像を取得して横須賀の三笠公園の写真を確認できた。オリジナル画像の表示も可能。



マウスクリックなどで選択して右上のアイコンをクリックすると、簡単に別のオンラインストレージへ転送したり、PCにダウンロードすることができる。もちろんフォルダごとでも可能。

このように、他のクラウドサービスを紐づけておけば、「AnyTrans for Cloud」にログインするだけで、分散しているクラウド上のコンテンツに簡単にアクセスや整理できるようになる。


他人と共有する


フォルダやファイルを他人に共有するのも簡単にできる。

フォルダやファイルを選択して共有ボタンを押すと、共有のURLが作成され、そのURLにアクセスした人がファイルをダウンロードできるようになる。「AnyTrans for Cloud」上ではGoogle+、Twitter、Facebook、メールアドレスに直接URLを送れるできるようだった。

プレミアムプランでは、左下の設定で以下のように公開範囲などを設定できる。

公開範囲: 公開、限定公開
有効期限: なし、1日、3日、7日、1ヶ月
ダウンロード回数: 制限なし、10、20、30、40、50、100回

時間や回数は自由に設定できるといいと思うが、ほとんどのケースで事足りるだろうか。


WinとWebの違い


WEB「AnyTrans for Cloud」の画像表示。

WEB用で1枚の画像を選択すると、別画像への遷移と元画像の表示しか選択肢がないがWin用では他に、回転、拡大縮小、等倍表示で閲覧できた。

PCとWEBの両方に対応するアプリだと、PC用は単にWeb用を表示するガワだけのアプリだったりすることもあるが、「AnyTrans for Cloud」はきちんとPCアプリも作り込んでいるようで、Win用とMac用はWEB用よりも細かいことができるようになっている。

他には、同期のオンラインチャンネルやデータの一括操作などの機能が充実しているようだ。UIが微妙に異なっているので注意が必要だけど。

また、現状でもスマートフォンでWeb用は使えるのだが、私のiOSとAndroidのSleipnirではフォルダを開いたりダウンロードがうまくできなかった。


クラウドを集約する母艦となるアプリ


クラウド上にファイルを置いて、自宅や外出先など様々な場所や端末からアクセスしたり、複数人数で共有したりといったことが当たり前にできる時代になったが、「AnyTrans for Cloud」はこれらを一括して管理できるようになった。

担当者に話を聞いてみると、日本語マニュアルは近いうちに整備され、8月くらいにスマートフォンにも完全対応したい、という感じでロンチ後にどんどん拡張していく予定があるようだった。

有料プランとして月100GB以上の超高速なプレミアムトラフィックなどができる有料プランもあるけど、現状は概ね無料で問題なく使うことができ、新規ユーザーにはプレミアムプランを最大10日間無料、友達へのシェアなどで更に追加、他の製品で使える1000円割引クーポンもあるので「まずは試してみてほしい」というお話だった。

複数のオンラインストレージを使い分けるヘビーユーザーから、OS付属のiCloudやOneDriveなどをちょこちょこ使っていたら複数サービスに分散してしまったので統合したい、たまにファイルを共有する機会があるのでできるだけ直感的な操作で共有したり有効期限やダウンロード回数制限をつけたい人などにオススメできるだろうか。


他のiMobie製品紹介
クソわかりにくいiTunesを使わなくても写真や音楽のデータ転送&バックアップができるAnyTrans for iOS【iPhone&iPad】
iPhone、iPad、iPod touchなどのiOS端末のデータをPCに転送したり、Android端末からiOS端末への引っ越しなどに使えるiMobieのAnyTrans for iOSを使ってみた。 本記事はiMobieの提
端末間&PCへのデータ転送や丸ごとバックアップ!iOSからの乗り換えにも使えるAnyTrans for Android
Android端末とPC、iOS、Android端末とのデータ転送に便利なiMobieのAnyTrans for Androidを、Xperia Z5とWindows10の組み合わせで試してみた。 本記事はiMobieの提供でお届


「AnyTrans for Cloud」公式サイト
AnyTrans® for Cloud – 複数クラウドコンテンツをひとまとめに管理する
AnyTransで複数クラウドサービスを一元管理し、すべてのクラウドコンテンツを気軽に1ヶ所で管理します。