2014年09月27日(土)

ソウル仁川国際空港に2000円で泊まれるチムジルバン”Spa ON AIR”がすごい


仁川国際空港「Spa ON AIR」

日本からヨーロッパ、東南アジア、極東ロシアなどへ行くのに便利な韓国ソウルの仁川国際空港。仁川は施設が成田や羽田より充実していて、「Spa ON AIR」という2000円くらいで泊まることのできる24時間営業のスパがあり、ANAマイルでウラジオストクに行く前日に利用してみた。



靴を脱いで靴箱にカギをかける。

仁川国際空港の地下にある「Spa ON AIR」は韓国でチムジルバンという日本のスーパー銭湯や健康ランドのようなもの。料金は夜間料金20000ウォン(2000円くらい)、個室が+12000ウォン(+1200円くらい)。クレジットカードも使えたので完全に仁川国際空港を乗継でしか使わない場合は両替しなくてもOK。



男女分かれているので男性専用スペースへ。





ロッカールームに入るので指定された縦長のロッカーに荷物を入れる。

キャリーバッグでロッカーに入らない場合は受付の前に置いて管理してくれる。





個室がラスト1だというので+12000ウォン払って個室にしてみた。



フェリーでありそうな枕とタオルみたいな毛布。



「Spa ON AIR」だけなのか他のチムジルバンでも同じなのかよくわからないけど、日本の浴衣の代わりに体操服みたいな寝間着を貸してくれるので寝汗を気にしなくていいのはうれしい!



下に証明のスイッチと光量のツマミ。上は何かよくわからず。



エアコンが寒くてうるさい!と思ったが消し方がわからなかったので受付に聞いたら、天井のこれを回してフタをするらしい。ちなみに英語は通じる。




「Spa ON AIR」に入った瞬間、黒・白・木目の今っぽいデザインの空間に「おおー!」と思ったけど個室の内装はアチコチくたびれてるな。

まあ、こんなもんか。




反対側の部屋を見たら思いっきりカギがぶっ壊れてるんだけど、本当にここ大丈夫なんですか?

ま、まあ、こんなもんか……。



……すごく、不安になってきました。



細かいことは置いておき風呂の方へ。





寝椅子もあるし雰囲気もなかなかじゃないか!

風呂は日本のスーパー銭湯とは違って種類は少ないけど一応ジェットバスもある。真ん中は水風呂(といっても30度)。



垢すりでもできそうなスペース。



サウナは2種類あってもう1つはスチームサウナ。



身体を洗う場所はボディソープとシャンプー完備、近くになぜか塩歯磨き粉みたいなチューブが置かれてた。



しかしなぜド真ん中にトイレがあるのか……。





ロッカールーム兼用のメイクルームには、タオルや水を飲むための紙袋を曲げるコップまであり至れり尽くせり。



トイレ。




20000ウォンのみの人はこちらの男女共通ルームで雑魚寝。



ドリンクが買えるスナックバーも。

ベッドとして使えるソファがあるけど3つのみで競争率高そう。男女別エリアにも個室があるがここより狭いのでグループで占領するのに向いてそうな感じだった。

個室のマットが固めだったのでこちらの敷布団を更に上に敷けばよかったかと後で後悔。枕も高すぎたのでタオルを何枚か重ねて代用した。



「肌&身体管理(マッサーゾ)空間です。」

下の細かいメニューはちゃんと「マッサージ」と書かれているのになぜ間違えた!



入口付近の網がかかったカートが謎だった。むしろこれのせいで若干入りにくい雰囲気。


日本の法律では窓のない部屋はカプセルホテルやファーストキャビンのようにカギをかけられないが、韓国の「Spa ON AIR」や台湾の単人房飯店Single Innではカギがかけられたので、近いアジアの国でも文化の違いを感じる。

物価の高い国際空港で2000円から泊まれるのはトランジットに非常に便利で、さすがシンガポールや香港に並ぶアジアのハブ空港といった感じの質の高いサービスだった。成田空港の格安航空早朝便を利用する際にもぜひほしいところだが実現性はなさそうか。

空港近で個室1500円!ソウルの激安宿ゲストハウスやすらぎ
金浦や仁川から比較的近い地下鉄5号線新亭駅のゲストハウスやすらぎもオススメ。

Permalink | おさんぽ | , , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック LINEで送る