LINEトーク履歴をHTMLと画像で書き出しが革新的すぎるAnyTrans for iOS 7.5.0


iPhone、iPad、iPod touchなどのiOS端末のデータ転送やバックアップに便利なAnyTrans for iOSが7.5.0にバージョンアップ

【公式】AnyTrans®無料ダウンロード - iPhone/Androidのデータ管理を簡単に
AnyTransは、Windows & Mac両方対応のiPhone&Androidデータ管理ソフトで、デバイス上のすべてのデータを気軽に転送、バックバックできます。まずは無料体験版でデータの管理を始めよう。
最新のAnyTrans for iOSは「エアバックアップ」と「バックアップ管理」機能を統合し、LINE・WhatApp・Viberのデータをバックアップ・復元・他のiPhoneへの引き継ぎが簡単にできるようになった。

本記事はiMobieの提供でお届けします。


増分バックアップ


AnyTrans for iOS 7.5.0では、バックアップしたデータを管理する「バックアップ管理」、データをまるごとバックアップする「フルバックアップ」、PCと同じWi-Fiに接続するiOS端末を自動的にバックアップする「エアバックアップ」、バックアップ内容をiOS端末に復元する「復元」機能を統合して一新。

機能を1つの画面に集約してわかりやすくなっただけでなく、前回のバックアップから変更されたデータのみをバックアップできる「増分バックアップ」が追加された。AnyTrans for iOS で1度でもフルバックアップしたことがあるなら後は差分だけを保存することができるので、気軽にこまめにバックアップして、より安心してiPhoneを使うことができるようになった。

AnyTransのバックアップ復元機能 - iTunes、iCloud、AnyTransのバックアップからデータを復元
AnyTransは、データをバックアップから復元することをもっと効率的にします。バックアップをプレビューしながら、データを一括か選択して復元することができます。


LINEトーク履歴のバックアップ・復元・転送


AnyTrans for iOS 7.5.0のもう1つの目玉がLINE・WhatApp・Viberのバックアップ・復元・転送。



LINEのトーク履歴をPCにバックアップ、iOS端末間で転送、復元ができるようになった。トーク窓ごとにHTMLで出力してPCに保存することができるようになったのがとてつもなく大きい!

PC用LINEの過去バージョンではLINE窓のトーク内容全部をテキスト形式で書き出せたが、2018年くらいのバージョンアップで「現在画面に表示されているトークメッセージのみテキスト形式で保存されます」と表示されるようになり、PC用LINEに保存されている過去の履歴までさかのぼって保存することができなくなったようだ。

テキスト形式での保存はいずれにしてもスタンプ画像まで見ることはできないが、膨大な量のログを管理したり、必要な情報を見つけ出したりするのにとても便利だった。しかし、現在ではLINE公式アプリではそれができない。



AnyTrans for iOS アプリ上では、左柱にトーク窓、右側にトーク内容が表示される。

HTMLを保存すると同時にjpgとthumbの画像ファイルもフォルダでまとめてくれるので、「あの画像を抜き出したい」という時にも便利。


新しい端末に引っ越す際にLINEトーク履歴をまるごと引き継ぐことができて、PCにHTMLで保存できるようになったのは革新的でまさに欲しかった機能だった。なお、スタンプは保存できない。

AnyTransのソーシャルアプリのデータ移行機能 - トーク履歴を気軽にバックアップ・移行
AnyTransはLINEをはじめ、WhatsApp、Viberなどソーシャルアプリのトーク履歴を簡単に他のiOSデバイスに移行でき、コンピュータにバックアップすることもできます。


キーワード検索で動画・音声をダウンロード


AnyTrans for iOSには従来からYouTubeなどの動画共有サイトからの動画ダウンロードに対応していたが、ついにキーワード検索に対応。

試しに「G.garibaldi」で検索してみたら、英雄のガリバルディと空母の動画がズラズラと一覧で表示された。



そのうち1つをクリックしてみたら、動画形式と音楽形式を選んでダウンロードできる高機能っぷりに爆笑した!

以上のように、AnyTrans for iOS 7.5.0では、LINEのHTML書き出しができるだけで最強になったのでこれからも使っていきたい。

【公式】AnyTrans® for iOS - オールインワンのiPhone管理ツール
AnyTrans® for iOSはiPhone、iPad、iPod、iTunes、iCloudおよびコンピュータに保存された音楽、写真、メッセージなどほぼ全てのデータの管理に役立ちます。さらに、Android端末のデータも簡単にiPhoneへ転送することもできます。


過去のレビューや他のiMobieアプリについて
アップデートとApp・Webの登場でAndroid端末のバックアップやiOSからの乗り換えに死角がなくなったAnyTrans for Android
Android端末と、PC、iOS、Android端末とのデータ転送をして引っ越しやバックアップが簡単にできるiMobieのAnyTrans for Androidがバージョンアップ。以前と比べて便利になったのか確かめてみた。
iPhone&iPadの着信音を変更して自由にカスタマイズする【AnyTrans for iOS】
iPhone/iPadなどのiOS端末の着信音管理はこれまでiTunesで行えたものの、iTunes 12.7からはアプリや着信音の管理機能が削除されできなくなってしまった。 対策としてはiTunes 12.6にダウングレードする
iOSアプリのバックアップや40秒以上の着信音カスタマイズで進化を遂げたAnyTrans 7の新機能【iPhoneXS/XR】
iPhone XS/XS Max/XR、iPad、iPod touchなどのiOS端末のデータをPCに転送したり、Android端末からiOS端末への引っ越しなどに使えるiMobieのAnyTrans for iOSが7.0.0にバージ
GoogleドライブやDropboxなど複数のオンラインストレージを一括で管理・転送・同期・共有できる「AnyTrans for Cloud」
Google ドライブやDropboxなどの複数のオンラインストレージを一括して管理・転送・同期・共有できるクラウド管理ソフト「AnyTrans for Cloud」がiMobieからリリース。こちらの提供を受けたので早速使ってみた。
クソわかりにくいiTunesを使わなくても写真や音楽のデータ転送&バックアップができるAnyTrans for iOS【iPhone&iPad】
iPhone、iPad、iPod touchなどのiOS端末のデータをPCに転送したり、Android端末からiOS端末への引っ越しなどに使えるiMobieのAnyTrans for iOSを使ってみた。 本記事はiMobieの提
端末間&PCへのデータ転送や丸ごとバックアップ!iOSからの乗り換えにも使えるAnyTrans for Android
Android端末とPC、iOS、Android端末とのデータ転送に便利なiMobieのAnyTrans for Androidを、Xperia Z5とWindows10の組み合わせで試してみた。 本記事はiMobieの提供でお届